夏の日にはよしずで空気の入れ替えをしよう

夏になってから、暑い日が続きます。でも部屋を閉め切ってクーラーばかりしていては、どこか息苦しくなってしまいます。常時、空気の入れ替えはしたいものです。

それでなんとか窓を開けつつ、外からの熱気が入るのだけは減らせないかと考えていたのですが、安くて便利ないいものを見つけました。ホームセンターのよしずです。

ベランダの窓を覆う形で立て掛けておきます。大きさは180×180か、それ以上がいいですね。近所のコーナンで見たら1,000円程度。二つ重ねても効果的です。

メリットは、まず窓に直接日光が当たらなくなること。窓の表面に熱をもつことがなくなります。これで外からの熱の侵入をかなりシャットアウトしてくれます。さらに内側にカーテンをすると、もう直射日光で室内温度が上がる心配はありません。体感でも暑さが軽減されたとわかります。

よしずを立て掛けて窓を開け、網戸だけは閉めておきます。これで空気の入れ替えをしつつ、熱気だけは室内に入りにくくなってきました。ようするに日陰の風が出入りするので、少しは涼しくなる、というわけです。

それに日本の夏らしい風流をたのしむこともできます。

秋になれば、よしずは捨ててしまえます。プラスチックやビニール素材ではないので、可燃ごみで出しても問題はありません。1,000円分の活躍は十分果たしてくれるでしょう。

昔の日本人が使ってきたものは、現代のわたしたちでも使えます。安くて、ムダにならず、環境に悪影響を与えないよしずはオススメです。

アマゾンでは「すだれ」として販売していますね。

関連記事

死亡フラグが立ちまくっている「あの猫」の姿:「ここは俺がくいとめた…お前は幸せになるニャ…吸盤付きスタンド」を手に入れました

ツイッターで見かけていらい、ずっと気になっていたんですよね。やっと手に入れました。「ここは俺がくいとめた・・・お前は幸せになるニャ・・・吸盤付きスタンド」(200円)です。これはカプセルトイ、いわゆる「ガチャガチャ」「ガチャポン」ですね。 …

HAKUBA「カメラグリップ LH(KGP-02)」で手ブレを軽減!カメラが右手にピッタリと固定される

カメラのストラップで肩に掛けるタイプではなく、手にしっかりと一体化するタイプを買ってみました。カメラを入れるショルダーバッグが肩から下げる小さめの物なので、「こういうカメラグリップもアリかな・・・?」と試しに使うことにしてみました。 ヨドバ…