WordPress の運用に特化した「wpX レンタルサーバー」が初期費用無料キャンペーン中!

wpx公式サイト

「wpX レンタルサーバー」はエックスサーバー社の提供するサービスひとつで、「WordPress の運用に特化したレンタルサーバー」です。

WordPress の運用に特化したレンタルサーバー

いままでに無料ブログサービスをやっていてこれを機にWordPress に移りたいとか、ほかの格安レンタルサーバーで運営されてきたWordPress のサイトをより快適に使いたいという方は、検討してもいいとおもいます。

とくに「今後数年かけてWordPress でサイト運営を行う予定」がある人や、「せっかくWordPress を使っているんだからそれに特化したレンタルサーバーで快適に運営したいな」という人にはぴったりです。

初期費用無料キャンペーン

  • 料金:通常5,000円のところ0円
  • 期限:2014年12月26日(金)18:00まで

主な特徴

  • 月額料金:1,200円+消費税~ (無料お試し期間が14日間あり
  • 初期費用:5,000円+消費税(初回時に支払い)
  • ディスク容量:100GB
  • MySQL:500MB以内
  • マルチドメイン:1契約につき最大10個までWordPress運用が可能
  • バックアップ:14日間のデータ自動バックアップ
  • セキュリティ対策:ダッシュボードの国外IPアクセス制限、ログイン試行回数制限
  • サポート:電話、メールでの対応

おすすめポイント

ほかにも「wpX レンタルサーバー」ではWordPressの 運営に特化したシステムを多数用意しています。

高速化

サーバーの負担を制限しセキュリティを高めるためにリバースプロキシによるキャッシュ処理を採用する「独自の高速化システム」や、最新のハードウェアが用意された「最新の高性能サーバーマシン」、「1Gbpsの国内高速ネットワーク接続」による高速表示は魅力的です。

表示や更新情報がすぐに反映されないと、かなりのストレスを溜め込んでしまいます。また、アクセス数が多くなればサーバーの負荷が大きくなります。そういう心配をしたくない人には頼りになるシステムです。

マルチドメイン対応

もちろん、独自ドメインでの運用が可能です。マルチドメイン対応で、管理パネルからDNSレコードの編集もできます。独自アカウントに対してメールアドレスの作成も可能です。

また、URLの書き換えに便利な「mod_rewrite 対応」もしています。

「phpMyAdmin」の提供開始

以前から不満点としてよく話題にされていた、MySQL データベース管理ツール「phpMyAdmin」についても2013年5月から提供が開始されています。

セキュリティ対策

2013年4月中旬に起きた「ブルートフォースアタック」や、8月下旬のロリポップで発生した8,438件のWEB 改ざんを受けて、9月には独自のセキュリティ対策を施すようになっています。海外からのアクセスや、過剰なログイン試行に制限をかけるものです。

WordPress のインストールが簡単

専用の管理ツールから簡単セットアップが可能なので、WordPress をこれからはじめる方にも初期設定が簡単です。ワンクリックでインストールができてしまいます。

他社からの移転もむずかしくありません。

デメリット

デメリットとしては、当たりまえのことになりますが、WordPress に特化しているのでWordPress 以外では利用できません。一般的なレンタルサーバーと少し異なる部分があるので、WordPress 以外のプログラムでは運用が不可能になります。

まずは「無料お試し14日間」の利用を

無料ブログサービスを使っている人が、これから独自ドメインを取得してレンタルサーバーを契約していこうとすると、どうしても気になるのがお金です。わたしもはじめはそうでした。

月額315円だとか、540円だとか、1,050円とか書いてあっても、じっさいのところはどれがいいんだかよくわかりません。いろんなサイトを見て比較検討が書いてあっても、その情報が自分の必要としている情報だとは限らないからです。

もし、WordPress でブログをはじめようとしているのだとか、本格的にサイト運営をしようと考えているのであれば、「wpX レンタルサーバー」にかぎらず、かたっぱしから多くの会社の「お試し期間」を利用することをおすすめします。

じっさいに契約し、WordPress をインストールし、記事を投稿したり、カスタマイズしたりして、数日間やってみるだけでも、どのレンタルサーバーが自分に合っているのかがわかってきます。無料ブログサービスをやっている人は、そもそもWordPres で自分のやりたいことができるのかもわからないでしょう。わたしは「ロリポップ」「さくらサーバー」「エックスサーバー」とじっさいに使ってみてから決めました。

WordPress での運営方法にもよりますが、わたしは使いはじめて月額料金が気にならなくなりました。それ以上のメリットがあったからです。 レンタルサーバーの契約を考えておられる方も、自分が何をしたいのか、それには月々どれくらいの費用なら出せるのかを計算してみれば、きっといい選択ができるとおもいます。

いまなら初期費用5,000円が無料キャンペーン中!

2014年12月26日(金)18:00までなら初期費用無料キャンペーンをやっています。

初期費用無料キャンペーン   WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX ダブリューピーエックス 【2014-12-26まで】

wpX のハードルのひとつは初期費用の高さです。ふだんなら初期費用が5,000円かかります。利用料金の支払いが3ヶ月単位(3,600円)なので、初月の支払いが8,600円(税抜き)。ちょっと高いですね。これでは10代の学生さんや主婦の方が気軽に利用するのは難しいはずです。

キャンペーン期間中なら、初期費用0円+利用料金3ヶ月分の合計金額3,600円(税抜き)です。

サーバー料金一覧   WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX ダブリューピーエックス

だいたい同程度の性能であるエックスサーバーの「X10」プランが初期費用6,600円(税抜き)なので、キャンペーン期間に限り、こちらの方が安いです。レンタルサーバーを検討中でしたら参考にしてみてください。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX(ダブリューピーエックス)レンタルサーバー

関連記事

はてなブログのサイトマップを送信してみた

Googleウェブマスターツールに「はてなブログ」のサイトマップを追加してみました。 サイトマップそのものは、たとえばサイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」というサイトでカンタンに作ることはできるのですが…

検索エンジンに残ったウェブページのキャッシュを削除する方法

基本的に、検索エンジンにキャッシュされているウェブページの古い情報を消去したいときには「noarchive タグ」を利用します。 たとえばネットショップの商品ページで、商品の種類や値段が頻繁に変わる場合などに使われるそうです。メンバーシップ…