「WP to Twitter」:WordPress からツイッターへの投稿時に詳細設定ができる高機能なプラグイン

WordPress › WP to Twitter « WordPress Plugins

WordPress › WP to Twitter « WordPress Plugins

WordPress とTwitter を連携する高機能なプラグイン

「WP to Twitter」は、SNS 連携をして、投稿記事をWordPress からTwitter にツイートしてくれる高機能なプラグインです。

Twitter 連携だけなら他のプラグインでもできますが、投稿時に表示させるツイート文のハッシュタグやリンク先表示、アクセス解析の設定など、細かい設定を独自にしたい方にはおすすめです。

インストール方法

管理画面の「プラグイン」→「新規追加」から「WP to Twitter」と検索してください。

WP to Twitter プラグインを追加

または公式ページ「WP to Twitter」でダウンロードできます。インストールしたら有効化しましょう。

プラグインとTwitter との連携を行う手順

管理画面の「設定」→「WP to Twitter」で設定画面に行きます。

WP to Twitter の管理画面の上部にコメント

設定画面でTwitter との連携を要求される

すると、いちばん上に、まずTwitter との連携を行うよう指示が出ています。

WP to Twitter 管理画面でTwitterとの連携するよう表示が出ている

Twitter requires authentication by OAuth. You will need to update your settings to complete installation of WP to Twitter. (Twitter はOAuth 認証を必要とします。あなたは「WP to Twitter」のインストールを完了するために、設定を更新する必要があります。)

プラグインを利用するにはTwitter との連携をしておかなければなりません。さっそく「Twitter アプリケーション登録ページ」をクリックして、プラグインと連携するためのTwitter アプリケーションを作りましょう。

Create an application で新しいTwitter アプリケーションを作成する

Create an application   Twitter Application Management でアプリケーションを作る

こちらでアプリケーションの作成に必要な情報を入力します。

  • Name : アプリケーションの名前
  • Description : アプリケーションの簡単な説明
  • Website : サイトのURL
  • Callback URL : サイトのURL

わかりやすい名前にしておくと、あとで管理しやすいです。ちなみに、「Twitter」という語は含むことができません。

すべての項目を入力したら、下の利用規約を読み、内容に同意できるのならチェックを入れて、「Create your twitter application」ボタンをクリックします。

Details で作成されたアプリケーションを確認

Twitter Application Managementでアプリケーションを作ったところ

アプリケーションが作成されたら画面が切り替わり、上部にメッセージが表示されます。

Your Application has been created. Please take a moment to review and adjust your application’s settings. (あなたのアプリケーションが作成されました。アプリケーションの設定を確認および調整するための時間をとってください。)

これでApplication Management に新しいアプリケーションが作成されました。今後、アプリケーションの管理はこちらのページで行います。

まだこの状態では「WP to Twitter」との連携には不十分なので、少し設定を変えていきます。

Permissions で「Read and Write」に変更する

Twitter Application Management の【Permissions】の設定を変更する

デフォルトの状態は「Read Only」(読むだけ)になっています。このままでは投稿などができないので、「Read and Write」(読み書き可能)を選択して、「Update Settings」をクリックしてください。

Keys and Access Tokens で「API」と「Access Token」を取得

Twitter Application Management で【トークンの発行】を完了したところ

アプリケーションのパーミッションタイプが「Read and Write」に変更されたら、「Keys and Access Tokens」へ行きます。

ここでプラグインとTwitter との連携に必要なAPI とAccess Token が表示されています。あとは、この4つの文字列を使ってプラグインを連携させます。

Application Management での作業はこれでおしまいです。

設定画面でTwitter との連携を完了する

もういちどプラグインの設定画面にもどって、これらを入力し、連携を完了させます。

WP to Twitter 管理画面でTwitterとの連携設定でAPIとTokenを入力する

Twitter との連携が完了したら、このような表示が上部に出ます。

Twitterとの連携が完了した表示

これで初期設定は完了です。投稿記事がツイートで表示されるようになっています。

ここから先は詳細な設定をしていきましょう。

Status Update Templates

ここでは、投稿されたツイート文にどのような内容を表示させるか決定します。

WP to Twitter のStatus Update Template を設定する

短縮URL サービスを使おう

このプラグインでは短縮URL を簡単に利用できるので、ぜひ活用しましょう。長いURL が短くなって、文字数をかなり省略することができます。

Google URL Shortener やBitly など、多くの会社に対応しています。「Akismet」や「Jetpack」など他のプラグインでWordPress.com との認証作業を済ませているのなら、「WP.me」を使うのがいいと思います。くわしい特徴は以下のリンク先をご覧ください。

WP.me — リンクを短縮しよう! — WordPress.com ニュース

設定は簡単で「URLを短縮しない」とあるドロップダウン表示の中から、任意で選ぶだけです。とくに変更しなければ「URL を短縮しない」になり、WordPress のパラメータ表示(ドメイン名/?p=123)でURL が表示されます。

変更を有効にするには「Save WP to Twitter Options」をクリックしてください。

ツイートにハッシュタグを付ける

「update when a 投稿 is published」では、ツイート内容で表示させるコメントやハッシュタグ(#hashtag)などを変更することができます。

たとえばデフォルトで「New Post:」とあるところを「新しい記事を投稿しました:」にするなど、日本語表記に変更しておくとよいでしょう。

また、その他のタグやカテゴリーを表示させたい場合には、横にあるShortcodes の表から選んで、追加してください。

WP to Twitter 設定画面にあるShort Code の表

ただし、ツイート内容は140文字以内なので、ご注意を。タイトルとURL は必ず入れますから、残りの文字数のことを考えて、多すぎないようにしましょう。

「update when a 投稿 is edited」は記事の更新時に再ツイートするかどうか。更新を何度もする可能性があるならチェックを外しておいて、任意のタイミングで再ツイートする方がいいと思います。

固定ページなども使い方は同じです。

投稿例

WordPress.com の短縮URL サービスを利用して、投稿した例です。

ツイートの下に大きな画像が出てるのはTwitter Cards を設定しているからです。よければ以下の記事を参考にしてください。

Twitter Cards をプラグインなしで設定してみました:Twitterカードアナリティクスも使えるようになった! | かっぱのWordPress入門ブログ

WordPressプラグインなしでFacebookのOGP(Open Graph Protocol)設定をしてみた | かっぱのWordPress入門ブログ

詳細設定

一覧表示すると長いので、ひとつずつ見ていきます。英文を意訳しています。

Tags

WP to Twitter 管理画面で詳細設定をする【Tags】

「Strip nonalphanumeric characters from tags (タグから英数字以外の文字を削除する)」にチェックを入れると、英数字以外が排除されます。全角日本語文字を利用したハッシュタグなどは表示されなくなります。

「Use tag slug as hashtag value (記事のタグをツイートのハッシュタグとして使用する)」にチェックを入れると、記事につけているタグのスラッグが、ハッシュタグ(#hashtag)として利用されます(「スラッグ」の確認は「管理画面」→「タグ」で確認・変更ができます)。

「Spaces in tags replaced with: (タグに含まれる空白を別の文字などに置き換える)」は、たとえば記事に付けられているタグが「my blog」のように「my」と「blog」の間に空白を入れている場合には必要です。なぜなら、ツイート内容のハッシュタグ(#hashtag)はひと続きの文字列である必要があるからです。

「my blog」のようなタグのスラッグは、ツイートでは「#my」と「blog」に分割され、ハッシュタグとして有効なのは「#my」だけになってしまいます(「#my blog」)。これを防ぐ方法として空白の代わりに「_」(アンダーバー)で代替します。するとハッシュタグは「#my_blog」というように表示されます。

記事に多くのタグが付いている場合には、上限数と最大文字数を設定しておくといいでしょう。あまり多すぎると、タイトルやURL が見づらくなります。

Template Tags Settings

WP to Twitter 管理画面で詳細設定をする【Template Tag Settings】

ツイートの前と後に任意の文字列を入力できます。あまり利用頻度の高い機能とはいえませんが、たとえば、最後に会社名を明記しておきたい場合などにいいのではないでしょうか。

Template Tags Priority order

WP to Twitter 管理画面で詳細設定をする【Template Tags priority order】

「The order in which items will be abbreviated or removed from your Tweet if the tweet is too long to send to Twitter. (Twitter へ送信するツイート内容があまりにも長すぎる場合にツイート文から省略・削除する項目の優先順位)」です。

ツイート内容には140文字以内の制限があるため、30文字程度のタイトルにして短縮URL を利用し、ハッシュタグも1つか2つにおさめるのがいいと思います。特別な理由がなければ、この優先順位を変える必要はないでしょう。

特殊なツイートタイミング設定

WP to Twitter 管理画面で詳細設定をする【特殊なツイートタイミング設定】

「Do not post Tweets by default (デフォルトでツイートを投稿しない)」は、デフォルト設定で自動的に投稿せず、記事や固定ページごとにツイート方法を決めたい場合にチェックを入れておきます。「Do not post Tweets by default (edited only)」の場合は、更新時のみの適用です。

「Allow status updates from Quick Edit (クイック編集でのステータス更新を許可する)」は、管理画面「記事一覧」の「クイック編集」でステータスを変更できるようにします。

Google Analytics 設定

WP to Twitter 管理画面で詳細設定をする【Google Analytics 設定】

こちらはツイートをクリックしてサイトを訪問したデータを、Google Analytics で集計する設定です。登録や設定は公式ページから行って、IDを取得してください。

Google アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス

Author Settings

WP to Twitter 管理画面で詳細設定をする【Author Settings】

「ユーザー個人のTwitter アカウントを有効にする」で、プラグインが利用できる権限グループを決めることが可能です。

Author can add their username in their user profile. with the free edition of WP to Twitter, it adds an @reference to the author. the @reference is placed using the #accunt shortcode, which will pick up the main account if the user account isn’t configured. (作者は、自分のユーザープロファイルにユーザー名を追加することができます。WP to Twitter の無料版では、作者に@reference が追加されます。ユーザーアカウントが設定されていない場合、@reference がメインアカウントとして取りあげられ、#accunt のショートコードを使用して配置されてます。)

複数のユーザーで管理・運営するサイトには必要かもしれませんが、個人ブログなどでは変更する必要はありません。

Error Messages and Debugging

WP to Twitter 管理画面で詳細設定をする【Error Messages and Debugging】

エラーメッセージやデバッグについてのことなので、よくわからなければこのままにしておいてかまいません。

Get Plug-in Support

以下はプラグインのサポート欄です。これも基本的には使うことはないでしょう。

WP to Twitter でGet Plugin Supportを見る

何かの問題が起きたとき、直接プラグインの作者に連絡をとって、問題点を指摘したり、サポートをお願いするために使います。とくに専門的な知識がなければ利用することはないでしょう。

プラグインの機能チェック

すべての項目を設定できたら、さいごに「機能チェック」ボタンをクリックしましょう。テストツイートが実行されて、問題なく利用できるかがチェックされます。

「機能チェック」ボタンを押してテストした結果

このようなメッセージが上部に表示されたら完了です。

あとは記事を書いて、「公開」ボタンをクリックすれば、自動的にツイートが投稿されていきます。

関連記事

「PuSHPress」:インストールして有効化するだけで投稿記事を検索エンジンに素早くインデックスさせるプラグイン

「PuSHPress」はインストールして有効化するだけで、素早くGoogleの検索エンジンにインデックスさせるWordPressプラグインです。新しい記事を投稿したときなどに、こちらから更新情報を通知するので、検索エンジンへの反映が数分から…