WordPress.com のアプリやプラグインは2段階認証プロセスを設定してアカウントのセキュリティを向上させよう

WordPress.com の2段階認証プロセス

WordPress.com では独自の2段階認証を用意しています。これを使えば、WordPress.com やその関連のプラグイン、またスマートフォン用アプリのセキュリティを向上させることができます。

「2段階認証でセキュリティを向上 — WordPress.com ニュース」公式ページ

2段階認証でセキュリティを向上 — WordPress.com ニュース

最近、手持ちの iPhone が iOS8 になってから、WordPress アプリにログインできなくなることが多いです。Android 端末の場合はどうなのかよくわかりませんが、iOS7 のときに比べてログインできなくなることがよくある気がします。

ログインできなくなったときには、もういちど再認証をすればいいだけなので、備忘録として、その手順を書いておきます。

WordPress.com の2段階認証プロセスを設定する

2段階認証プロセスの設定は WordPress.com の公式ページで行います。

「Security — WordPress.com」公式ページを表示

Security — WordPress.com

携帯電話番号の登録

まずは「Two Step Authentication」で、2段階認証に必要となる携帯電話番号を登録します。万が一、携帯電話をなくしてしまったときのために、バックアップコードを印刷して安全なところに保管しておくことも忘れないように。

アプリケーション特定のパスワードを生成

次に「Application Passwords」でスマートフォン用アプリケーション特定のパスワードを生成します。ここでは WordPress アプリのパスワードを作ってみます。

「Application Name」のところに適当な名前(sample-name など)を入力して「Generate Password」をクリックしてください。

「Application Passwords」の欄

するとパスワードが生成され、大きく表示されるはずです。「Done」をクリックしてこのパスワードを有効化しましょう。

アプリの認証に必要なパスワードが生成されたところ

すぐ下に「Active Application Passwords」という表示があらわれ、いま設定した名前がでてきます。

2段階認証のためのパスワードが有効になっている表示

Below are the application specific passwords you have generated for your account.

sample-name
generated on Tue, Dec 30, 2014 00:00

これでこのパスワードが有効になりました。

スマートフォン用アプリからログイン

続いてスマートフォンの WordPress アプリから WordPress.com にログインします。

「WordPress for iOS」のログイン画面

先ほどの公式ページで生成したパスワードを入力してログインします。ログインができたら認証作業は完了です。

2段階認証を設定をしたページに戻ってみると、最下部「Connected Applications」のところに「WordPress for iOS」が追加されています。

「WordPress for iOS」が追加されている

これでアプリも認証されていることがわかります。

さいごに

手順は簡単なので、10分とかからずに再設定をすることができました。これ以降、たとえば、WordPress アプリの統計情報(Jetpack 連携)を見たいときなどには、こちらで生成したパスワードを使って再ログインすることになります。

関連記事

Twitter Cards をプラグインなしで設定してみました:Twitter カードアナリティクスも使えるようになった!

Twitter Cards とは? 「Twitter Cards」というのは、ふだんのTwitter投稿で表示されるスペースの下の部分に、設定した説明内容を追加するサービスです。たとえばサイト名や紹介文や画像などを入れることができます(リッ…

PageSpeed Insights で「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングブロック JavaScript / CSS を排除する」と提案されたときの修正方法

Google Developer では無料サービスの1つとして「PageSpeed Insights」という「ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための修正方法を提案してくれるツール」が提供されています。 Pag…

Google Analytics のトラッキングコードをプラグインなしで埋め込んでみました:Google の推奨する PHP の設定方法

いままではかんたんに設置できるプラグイン「Google Analyticator」を使っていたのですが、サイトデザインも一新したことなので、プラグインの数を整理・削減していっています。今回はGoogle が提供しているアクセス解析サービスの…