「wpX レンタルサーバー」をおすすめする理由

wpx公式サイト

当ブログは「wpX レンタルサーバー(以下wpX)」に移転しました。

「wpX レンタルサーバー」に満足

wpX は2013年2月22日(金)から開始されたエックスサーバー社の提供するサービスのひとつで、「WordPress の運用に特化した超高速レンタルサーバー」です。

インストールや各種設定も簡単で、これからWordPress でブログやサイト運営をやっていきたいという人に自信を持っておすすめできます。

以下、わたしがwpX に決めた理由を「高速化・安定性・安心感」を中心に書いていきます。

高速化

これはwpX の最大の特長です。レンタルサーバーは多くありますが、月額1,050円程度で、高品質かつ安定した高速化を実現しているレンタルサーバーはそんなに多くありません。その中でも特にWordPress での高速化を謳っているのがwpXです。

WordPress 運用に特化した独自のシステム

サーバーへの負担を制限し、セキュリティを高めるためにリバースプロキシによるキャッシュ処理を採用する「独自の高速化システム」を構築しています。ハイスペックな「最新の高性能サーバーマシン」を用意し、セキュリティを完備した国内データセンターで全サーバーを管理。232Gbpsの大容量バックボーンに「1Gbpsの国内高速ネットワーク接続」を実現します。

よく「ページの表示は2秒以下が推奨される」といいますから、高速化は切実です。

圧倒的な高速性能によるストレスフリーの環境
専門的な話は、わたしには荷が大きすぎるので、プロの評価をリンク先に上げておきます。こちらはWordPress テーマ「Stinger3」の作者評。

Wpxの評判・感想レビュー – WordPress専用のレンタルサーバー|ENJIROG

素人のわたしとしては「ロリポップ!レンタルサーバー」や「さくらインターネット」を使ったときの反応と比較して、体感的に「めっちゃ速い!」とイチオシです。とくに更新時や管理画面でのレスポンスがすばらしいですね。

ちなみに「エックスサーバー」なら「だいたい同じくらいの速さ」を体感できますが、公式にはwpX の方が上のようです。

「wpX にしてもそんなに速くならなかった」という記事を読んだなら

たまに他のブログでwpXと別のレンタルサーバーを比較して「べつにそんなに速くならないけどなぁ」「あれ?・・・体感的にはそうでもないぞ???」みたいな記事を見かけることがあります。無料でWebサイトの表示速度を計測してくれる「GTmetrix」などで計測した数値を提示しているサイトを見かけるかもしれません。

三人の人が疑問に思っているようすのイラスト

そういう記事を読んで「なんだ、wpX って、たいしたことないんじゃないの?」と疑問を持ったなら、エックスサーバー社の社長ブログの記事を読んでおくべきでしょう。

エックスサーバー、 シックスコア、 wpX それぞれの違い(エックスサーバー社長ブログ)

全文はリンク先で読んでもらいたいですが、とくに必読と思われる箇所を引用します(強調は引用者)。

wpXレンタルサーバーについてもう少し説明を加えると、
アクセス数がそれほど多くなく、またプラグインによるキャッシュ処理などをしっかりしている方にとっては
エックスサーバー、シックスコアと比較して、速度面でそれほど顕著な違いを感じていただけないかもしれません。
それは、エックスサーバー、シックスコアも非常に高性能なハード・システムを使用しており、
一定のアクセス数ならば、wpX のシステムを用いないまでも十分に余裕をもってさばけてしまうためです。
wpX の強みをより感じていただけるのは、突発的、もしくは恒常的にアクセスが多数発生する WoredPress サイトかと思います。

ということは、もしかすると「wpX にしてもそんなに速くならなかった」と低めの評価をしているブログやサイトでは、規模が小さくアクセス数も少ないことが原因で、wpX の強みを実感できなかったのかもしれません。

ブログやサイトの規模が大きく、一気にアクセスが集中したときにこそ、wpXの強みは発揮されます。

公式にはwpX が最も高速だと回答

こちらの記事では直接wpXカスタマーセンターに問い合わせて得た回答が載っています。

高速!WordPress専用サーバー「wpXレンタルサーバー」「wpXクラウド」へ引越し前に確認したい疑問が解けた(Webと人のアマモ場)

ほかにも同様の問い合わせをしたブログがいくつかありましたが、エックスサーバー社のサービスの中ではwpXが最も高速である、と回答されています。

キャッシュ系プラグインが用意されているメリット

必須プラグインとして「wpX Cache Controller」がインストールされています。

wpX専用のプラグイン「wpX Cache Controller」

これで高速化を実現するのですが、もうひとつWordPress 初心者にとってのメリットがあります。

キャッシュ系プラグインをどうするかは高速化対策で不可欠のものでありながら、初心者にはハードルが高いものです。たくさんあるプラグインの中から適切なものを自分で選び、サイトに合わせて細かな設定をしなければなりません。これには多少の専門的な知識を必要とします。

設定のむずかしいキャッシュ系プラグインをエックスサーバー社で用意してくれていますから、ここで悩むことはなくなります。高速化に関するむずかしい部分を、ハード面とソフト面から設定してくれます。

下手に設定をいじった結果、エラーが発生してサイトが表示されない、なんてことになったら大変です。そういったリスクをなくすことができるのも、メリットとして挙げられるでしょう。

安定性

エックスサーバー社の「エックスサーバー」「シックスコア」「wpx レンタルサーバー」の安定性は多くの方が支持しています。

不具合の少ないレンタルサーバー

とくに他社のレンタルサーバーを利用していて不具合に悩まされた人が、よく移転されているようです。たとえばPHP のセーフモードが原因で《コアサーバーとWordPress は相性が悪い》という話はよく聞きます。

シックスコア – 月間100万PVでも安心なWordPress運営サーバー(わかったブログ)

ほかにも格安レンタルサーバーではエラーが頻発した例もあるとか。不具合が頻発するようでは、サイト訪問者の不利益につながり、サイト全体の評価を下げることにもなりかねません。SEO 的に問題です。

また、WordPress とレンタルサーバーとの不具合でブログの更新やサイト運営に支障をきたすようでは、管理者にとっても大きなストレスです。できれば余計な心配や悩みを抱えずにやっていきたいですよね。

PHP、MySQLのアップデートに素早く対応

レンタルサーバーがWordPress、PHP、MySQL の最新バージョンアップに、しっかり対応していることは大切です。

たとえばプラグインのアップデートに伴い、必要となるPHP やMySQL のバージョンが上がったときに、すぐに対応してくれないと作動しなくなる場合もあります。バックアップ用プラグイン「BackWPup」のバージョン3.0以上は、PHP5 の拡張機能「MySQLi」(MySQL拡張サポート)が必須になりました。

転送量が25GB/日

転送量の上限に余裕があると、万単位のアクセスにも難なく耐えられますし、画像や動画を大量にアップロードしても制限される心配はありません。もし10個のWordPress サイトを作って運営したとしても、気にする心配はないでしょう。

もしかすると書いた記事が大手ニュースサイトで取りあげられたり、有名ブロガーさんにツイートされることがあるかもしれません。そうなると短時間で集中的にアクセスされることも予想されます。

しかし、レンタルサーバーがしっかりしていないと一時的にダウンして「503エラー」と表示されるかもしれません。せっかくのPV数急増のチャンスに、こんな状態ではもったいないですね。

こういう点を心配せずに使えるのも長所です。

無料お試し14日間

wpX は無料お試し期間が14日間と、やや長めの期間が設定されています。

ということは、新規でWordPress サイトを作るにしても、他社レンタルサーバーから移転してくるにしても、じっさいにwpXで運営するとどうなるのかを詳しく検証し、分析し、実感できる、ということです。

わざと重要なファイルを消去して、バックアップしたデータで復旧するのにどれだけのプロセスが必要なのかをシュミレーションしてみるのもいいかもしれません。とことんまで調べ尽くしてから、利用するかどうかを決めても遅くはないということです。

安心感(1):セキュリティ対策

南京錠が外れているようすの写真

セキュリティ対策の負担を減らせる

WordPress でブログやサイト運営をする上で「やらなければいけないけれど何をどれだけやればいいのか初心者にはよくわからない」ことのトップは、セキュリティ対策ではないでしょうか。

自宅のパソコンであればセキュリティソフトをインストールしておくとか、怪しいサイトにアクセスしないとか、不明なファイルをダウンロードしないなど、いろいろできますが、レンタルサーバーは手元にありません。レンタルサーバーの会社に設置されているので直接触ることもできません。

管理パネルでできる各種設定や、セキュリティ系のプラグインは、単純なものからプロ仕様のものまで幅広くあります。WordPress 初心者にとっては「いったいどうすればいいんだ!」といいたくもなるでしょう(なりました)。

できるだけ信頼できるレンタルサーバーを利用したいものです。

WordPress セキュリティ対策

wpXではデフォルトで以下の2点が制限されています。

WordPressセキュリティ関連設定

  • ダッシュボードの国外IPアクセス制限
  • ダッシュボードのログイン試行回数制限

これがあることで、たとえば「Simple Login Lockdown」などのプラグインを入れる必要はありません。一つでもプラグインが減ることは高速化対策でも重要です。

たとえば2013年4月中旬にはWordPress を使ったサイトへの「ブルートフォースアタック(総当り攻撃)」、8月下旬にはロリポップ!レンタルサーバーで第三者によるユーザーサイトへの8,438件の改ざん被害などが起きていますから、こういうセキュリティ対策がされているのは助かります。

FTPアカウント制限

FTPアカウントも制限され「wp-content」にしか接続できないようになっています。間違って重要なファイルを上書きしてしまうこともありません。

FTPアカウント設定

WordPress に詳しい人であれば「wp-config.php」ファイルを編集することもありますが、頻繁にはしない人も多いはずです。もしFTPアカウントのIDやパスワードが他人に知られたとしても、こちらでアクセス制限をかけておけば接続ができなくなります。

もちろん、これらは管理パネルから解除することが可能です。

安心感(2):WordPress に合わせた管理パネル

WordPressのロゴ

わかりやすい管理パネル

こちらが管理パネルです。

wpXの管理パネル

見てもらえればわかるように、わかりやすく、シンプルな構成です。必要最小限の項目がそろっていて、たとえば「.htaccess」ファイルの編集も簡単に行えます。パスワードの再発行もこちらから。

WordPress に特化した管理パネルなので、各種設定の変更やファイル編集も基本的にはこちらに来ればまとめてできます。初心者にはありがたい設計でしょう。

安心感(3):バックアップ作業負担の軽減

データベースのエクスポート・インポートが簡単

wpX のおすすめポイントのひとつとして、データベースのエクスポート・インポートがワンクリックでできる、というのがあります。

データベースのバックアップ方法

プラグインの影響やテーマ編集で表示がおかしくなったときなど、復旧作業の手間が省けます。phpMyAdmin に慣れない人にはいいですね。

「BackWPup」での復旧作業を簡略化できる

BackWPup Free

バックアップ用プラグインとして「BackWPup」が有名です。ブログやサイト全体のバックアップをとれるので当ブログでも使用しています。

しかし、これで保存したバックアップデータを使って復旧する手順は、意外と面倒です。その復旧手順が簡略化できるのはありがたいことです。

自動バックアップは14日間分

自動バックアップは14日間分のデータを保持してくれます。これは他社と比べても長めの期間でしょう。対象データは 「WordPress データ」「メールデータ」「MySQL データ」です。申し込みも管理パネルから行います。

こういうバックアップ・サービスも安心材料のひとつになります。

サポート体制も充実

サポート体制のQ&A

    【受付期間】
  • メール:24時間365日(48時間以内に返答)
  • 電話:平日10:00~18:00

いざというときにサポートがしっかりしているのはありがたいです。とくに電話サポートがあるのはいいですね。

 デメリット

もちろん、WordPress の運営に特化したレンタルサーバーということは、WordPress を使わない人にとってメリットを感じられません(まあ、wpXを検討する時点で、そんな人はいないと思いますが・・・)。

箇条書きでデメリットと考えられる点を列挙します。

  • WordPress しか使えない(当たりまえ!)
  • WordPress の設置は10個まで
  • FTPアカウントを設定しないと接続できない(管理パネルで変更可能)
  • 会員制サイトやショッピングサイトを作れない
  • Web アプリケーションやプログラムなどを独自開発して使用できない
  • キャッシュ系プラグインを独自にインストールして高度な設定できない
  • 初期費用が5,250円で少し高い

わたしにはもともと必要のない項目でしたので、デメリットとは感じませんでした。WordPress を利用しなかったり、上記のようなショッピングサイト運営をするのであれば「エックスサーバー」がいいでしょう。

やっぱりお金の話も大切です!

外国のお札やコイン

安すぎると心配、高すぎるとコストに見合わない

安すぎるレンタルサーバーだと安定性に問題のあるところがあります。サポート対応も不十分かもしれません。もちろん、高速化には物足りないでしょう。

といっても、高い金額を払えばいいというわけではありません。出費ばかりが多くては継続が困難です。予算とそれによって得られる効果のバランスが大切ですね。

高性能なレンタルサーバーなら「月額料金1,050円~」が妥当

おそらく、ブログやサイトで広く利用されている、すぐれたレンタルサーバーの月額利用料金は1,000円前後ではないかとおもいます。

それ以下の金額だと何かを犠牲にしなければならず、我慢しなければならない点が増えてきます。それでもいいというのなら格安レンタルサーバーは魅力的です。

よく利用されているのでいえば、月額263円からのロリポップ!レンタルサーバー「コロリポプラン」、少し値段を上げて月額500円のさくらインターネット「スタンダード」などでしょう。これらは初心者におすすめできるレンタルサーバーです。わたしもはじめはこちらを利用していました。

しかし、これは個人的な感想ですが、値段が安いプランだと不満が出てきます。更新情報の表示に時間がかかったり、会社による仕様なのか、WordPress がうまく作動しない事態も起こります。ほかの会社ではエラーが頻発することもあるとか。2013年夏にはロリポップが8000件以上のWeb改ざん被害に遭ったことから、安すぎるレンタルサーバーに対する心理的な不安感もぬぐえません。

あるいはサーバーの性能が低く、高速化に向いていないところもあるでしょう。

まだブログやサイトが小さく、訪問者も数十人ほどであればそれでも構いませんが、記事の数が数百に達し、PV数が月間10000を超えたりすると、自分のためだけでなく、読んでくれる人のためにも快適な環境を用意したくなってきます。

記事内容が大したことないのなら、データが盗まれたり消えてしまっても気にならないかもしれません。でも本格的にやっていこうというのなら、サーバー環境を整備するのは必須です。

毎日更新するブログやサイトであれば、余計なストレスを溜め込まないように、頻発するトラブルに頭を悩まさないように、あらかじめ対策を取っておきたいものです。そういうとき、ワンランク上のレンタルサーバーが必要になります。

トラブル時にも解決しやすいレンタルサーバー

ワンランク上を望むなら第一に「エックスサーバー」が有名です。申込み件数が122,000件を超えたこのレンタルサーバーは利用している人も多く、何か困ったことがあってネットで調べてみると「誰かがどこかで解決策を書いている」というのがよくあります。それで助けられた経験もあります。

このように、利用者が多いレンタルサーバーを選ぶとトラブル時に解決しやすくなるメリットを受けやすくなります。

「エックスサーバー」のX10プランはwpX と月額料金が同じ(1,050円~)です。そのエックスサーバー社が「WordPress を使うならwpX がおすすめ!」と太鼓判を押しています。

WordPressに特化した運用を考えているならwpX はかなりおすすめ

以上、長々と書いてしまいましたが、ようするにwpXで満足しているということです。

ブログ運営をしていく人なら記事を書くことが中心になりますし、企業の公式サイトならほとんど更新しませんから、管理パネルで設定を変えたり、FTP アカウントを使う機会も少ないとおもいます。そしてその必要があったときにも、むずかしい操作をすることなくやっていけるでしょう。

また、wpX は開始されて1年未満のサービスなので、今後のさらなる進化が期待できます。わたしがwpX に移転したもう一つの理由に「新しいもの好き」があるのですが、これからの進化を期待しながらWordPress で運営していくという楽しみ方だってできるのではないでしょうか。

新規でWordPress 専用サーバーを作るとか、サーバー移転を検討しているなら、選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX(ダブリューピーエックス)レンタルサーバー

関連記事

Google AdSense の住所(PIN)の確認手続き

Google AdSense で一定額の収益を上げると、ホーム画面でつぎのような通知が表示されます。 お客様の住所の確認が完了していないため、お客様のお支払いは現在保留中となっています。PINが郵送で届き次第、ここをクリックして住所の確認手…

WordPress の運用に特化した「wpX レンタルサーバー」が初期費用無料キャンペーン中!

「wpX レンタルサーバー」はエックスサーバー社の提供するサービスひとつで、「WordPress の運用に特化したレンタルサーバー」です。 WordPress の運用に特化したレンタルサーバー いままでに無料ブログサービスをやっていてこれを…

eo光ネットのファミリーパックなら「多機能レンタルルーター+総合ウイルス対策ソフト+迷惑メールチェック機能+メールアドレス5つ」が月額477円!

eo光ネットなら「ファミリーパック」がおすすめ ケイ・オプティコムのeo光ネットではいろんなサービスがありますけど、それらをセットにして加入できるプランが用意されています。なかでもありがたいのが「ファミリーパック」で、我が家でも利用していま…