「SI CAPTCHA Anti-Spam」:コメント欄でキャプチャコード入力を必須にしてスパムを防ぐプラグイン

SI CAPTCHA Anit-Spam プラグインサイト

「SI CAPTCHA Anti-Spam」は記事ページなどに設置されたコメント欄に、キャプチャコードを記載した画像を追加して、コードの入力なしにはコメントの入力ができないようにしてしまうプラグインです。ブログを続けていくと同じIPアドレスから何十通とスパムコメントが届くこともよくあります。このプラグインによって、自動的に送られてくるスパムコメントの送信を受け付けなくしてしまいます。

とはいえ、最近のスパムは巧妙になっていますので、これだけで全てのスパムコメントがなくなるわけではありません。Akismet」などと併用して、さらにフィルターを強化しておく必要があります。

【追記】導入してから、スパムが激減しました。当ブログではかなりの効果が出ています。

インストール

「プラグイン」の新規追加から「SI CAPTCHA Anti-Spam」と検索すればすぐに表示されます。

SI CAPTCHA Anit-Spam インストール画面

あとはインストールして、有効化しましょう。

設定

「インストール済みプラグイン」→「設定」で設定画面に行きます。

SI CAPTCHA Anit-Spam インストール済みプラグイン

上の3分の1は寄付画面です。こちらは任意でどうぞ。

SI CAPTCHA Anit-Spam 設定画面(1)

「オプション」以下でいろいろと変更ができます。

SI CAPTCHA Anit-Spam 設定画面(2)

青色のヘルプを押せば各々の説明が出てくるので参考にしながら設定していけばいいとおもいます。

ぜひ「Akismet」は設定しておきましょう。

SI CAPTCHA Anit-Spam 設定画面(3)

こちらでCSSやテキストラベルを変更できます。デフォルトのままでも使えますので、こちらもサイトのデザインに合わせてお好みで変更すればいいでしょう。

すべての設定が完了したら、「オプション更新」ボタンをクリックします。

キャプチャを表示させてみた

設定してから、いったんログオフして、コメント欄をチェックしてみました。

SI CAPTCHA Anit-Spam コメント欄

キャプチャが表示され、コードの入力が必須になっていますね。

スパムコメントに悩まされたら導入を

キャプチャコードの入力は、大手サイトや有名ブロガーのコメント欄にもよく設定されているのを見かけます。それだけスパムは毎日大量に出回っていることなんですね。

しかし、コメント欄にキャプチャコードの入力を必須にすると、サイト訪問者がコメントするときに煩わしくなってしまうデメリットがあります。ウェブページを見てくれた人からの好意的なコメントが少なくなることは、避けるようにしたいところです。

もし日に何十、何百とスパムが来るようなら導入を検討してもいいかもしれません。

関連記事

「Acunetix WP Security」:サイトの脆弱性スキャン・パーミションの設定・データベースの接頭辞の変更・その他の安全性を高めるセキュリティ対策が総合的にできるプラグイン

WordPressプラグイン「Acunetix WP Security」が指摘する全ての対策方法を解説しています。とくに手動で行う必要がある「.htaccess」「install.php」「upgrade.php」ファイルについても書いています。