WordPress のパーマリンク設定はどうすればいいのか?

パーマリンクという用語は「永続する(Permanent)」と「リンク(Link)」からできています。したがって、サイト内の記事数が増減しても変化しない、固定的なリンクであり、ひとつのページに対応して割り当てられた、たったひとつの URL です。

WordPress のパーマリンク設定では、いつでも自由に、変更することが可能です。ただし、それまでのパーマリンク設定を変えてしまうと、それまで書いていた記事で得られたブックマークや「いいね!」、ツイートなど、すべてがそのリンクから外れてしまいますので、注意が必要です。

設定方法

「設定」→「パーマリンク設定」で変更できます。

パーマリンク設定の画面

共通設定のところを見ると6つ項目があります。

  • デフォルト
  • 日付と投稿名
  • 月と投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名
  • カスタム構造

ほかにオプションでいろいろ変更もできます。くわしくは、下記のリンク先を参考にしてください。

管理画面/パーマリンク設定 – WordPress Codex 日本語版

Google の推奨する URL 設定

さて Google では以下のように推奨しています(シンプルな URL 構造を維持する – ウェブマスター ツール ヘルプ)。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します

できるだけわかりやすくするのはもちろんながら、長すぎず、適切に分類され、URL が記事内容を的確に表し、かつコンピュータではなく人間が理解できる表記にすることが推奨されています。

この Google の提案に従えば、「デフォルト」のパーマリンク(http://wp-kappa.com/?p=123)は「論理的かつ人間が理解できる」とは言えないでしょう。また、日付や数字も好ましいとはいいませんが、後述する理由により有名ブログではこちらを採用されている場合も多いようです。

よく推奨されるパーマリンク設定

大手ブログや企業の公式サイトとはちがって、ここでは初心者向けに、たとえば WordPress でこれからブログをはじめようかという人におすすめのパーマリンク設定を考えてみます。

「投稿名」がおすすめ

よく推奨されるのは「投稿名」を使った以下の2点です。

  • http://wp-kappa.com/カテゴリー/投稿名
  • http://wp-kappa.com/投稿名

理由は投稿名を書いておけば、URLだけで記事の内容が理解できるからです。上のようにカテゴライズされているものが多いですね。

たとえば、当サイトは WordPress のことを書いています。そこで、「プラグインAの紹介記事」を書いたときには以下のようなURLに設定します。

http://wp-kappa.com/plugin-A/

こうすると、リンク先の URL だけでも記事内容がすぐに把握できます。「ああ、この記事はプラグインAについての記事なんだなあ」とわかります。また、Google の推奨するようにきわめてシンプルな URL 構造になっていることも分かります。

これから WordPress でブログ運営をされる方には「投稿名」または「カテゴリー/投稿名」をおすすめします。

日本語表記の注意点

注意しておきたいのは、投稿名を日本語で表記するときです。以下の3点の不具合が発生する可能性があります。

  1. 文字化け
  2. ブックマーク機能が働かない(←じっさいあったこと)
  3. トラックバックやピンバックで不具合

文字化けというのは、たとえばはじめにリンクで書いた「WordPress Codex 日本語版」のリンクだと、

http://wpdocs.sourceforge.jp/%E7%AE%A1%E7%90%86%E7%94%BB%E9%9D%A2/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E8%A8%AD%E5%AE%9A

というように変換され、異様に長く、また人間には理解できない文字列になってしまいます。ただし、このごろではドメインに日本語が使われることもあるため、このような不具合はやがて解消されるのかもしれませんが、あんまりカッコよくもないですし。

ブックマーク機能が働かない事例はじっさいにわたしが経験したことです。これも英文表記ならとくに問題なく利用できます。

トラックバックやピンバックはじっさいに起きたことはないですが、サイトによってはあるようです(これは未検証)。

このような理由から日本語のパーマリンクは避けるべきだと考えます。

投稿時の編集

じっさいに変更するときは、「新規投稿を追加」で公開前に行います。

新規投稿を追加(640) (74%)

タイトル下にあるパーマリンクのところに「編集」ボタンがあるので、そこをクリックして任意の英数字に変更します。

新規投稿を追加(切り抜き後)(矢印)

けっこう忘れやすいので、手順を決めておくといいでしょう。必ずはじめにやるか、さいごにやるか、もしくは少し知識が要りますが functions.php ファイルに書き込んで自動的に変更するようにするかです。

他のパーマリンク設定にするとき

ただし、毎日大量に記事を量産するという方は、毎回英文の投稿名を考えるのは大変です。

似たような記事だとどうしても同じ URL になってしまいがちです。最後に1・2・3…と番号で区別するのでもいいですが、それだと「論理的かつ人間が理解できる」ようにならない場合も出てきます。

そういうサイトでは、もう英数字にこだわるのはやめて、「数字ベース」にしてしまうのがいいかと思います。

http://wp-kappa.com/カテゴリー/数字ベース

とりあえず、カテゴリーで分類しておいて、「ここには【旅行関連】の記事がいっぱい入っていますよ。この記事はそのたくさんあるうちのひとつです」としてしまうとか。

ほかにも「個人ブログなんだし SEO の効果を狙うより何年後かに自分が日付を思い出しやすいほうがいいなあ」という人なら日付表記でもいいです。

http://wp-kappa.com/年/月/日

わたしも無料ブログでだらだら書いている方にはこちらを採用しています。

Google の公式サイトでは、

【ウェブマスターツール ヘルプ】

https://support.google.com/カテゴリー/数字ベース

【Google ウェブマスター向け公式ブログ】

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/年/月/英文投稿名.html

とありました。これでもいいかもしれませんね。

さいごに

ちなみに、大手ブログや企業サイトなど、リピーターがすでに多く付いているところでは、 URL の変更で PV 数の変化がほとんど変わらないところもあるようでした。また、Google 検索の精度は年々向上しているので、パーマリンク設定をチマチマ考えるよりは、記事の内容を充実させるほうが、確実に検索結果で上位に来るようになっています。

もう一度、Google の推奨 URL に戻ってまとめておきます。

  • 短いくてシンプルな構造
  • 意味のあるキーワードを意識する
  • 論理的で人間が理解できる URL にする

あとは、ご自分のサイトの目的と運営方針にもとづいて選択してください。

関連記事