ノートカバーを使ってますか?:「レザフェス ノートカバー B5S 黒 1901LFクロ」など

ノートカバーを使うと便利です。ここ数年使っている。

ノートカバーの外観

もちろん、胸ポケットに入るくらいの小さなメモ帳はつねに携帯している。何かあるたびにボールペンでメモを取っているのだけれど、落ち着いて何かを書いたり、メモを整理して記録するときには、B4くらいのサイズがある方が使い勝手がいいと感じている。

ノートは柔らかい。広い机の上に置いて使うならいい。でも、立って書きたいときや、テーブルが小さく安定して書くことができないときは、ノートの下に固定するものがあると助かる。

ノートと一緒にレジュメやチラシを持ち運びたいときも、よくある。走り書きのメモをまとめておきたかったり、関連するプリントを挟んでおきたいときも少なくない。

 

こういうときにノートカバーを使うと便利です。

ノートカバーを開いたところ

ノートは大学生がよく使うB4サイズのキャンパスノート。A4よりはB4 くらいの間隔のほうが好み。最近では罫線が入っているだけでなく、ドットが付いていて、文字を等間隔で書きやすくなっている。

 

ノートの使い方は自由だ。思いついたことを書き込んでいく。べつに人に見せる必要はない。だからきちんとした文章を書く必要は全然ない。気ままに、だらだらと、箇条書きでかまわない。

大きく手を動かして、かんたんなイラストを描いてみても楽しい。信号待ちをする人や家の玄関先で吠えている犬、学校帰りの小学生の遊び道具を、サササッと描いてみてもいい。

あるいは、マインドマップでもいい。今月の出費を計算するのでもいい。読んでいる歴史本の年表や人物関係図を書き込んでみてもいいと思う。

真っ白なノートに、ただ何かを書いていく。それだけで頭の中が整理されるし、意外とリラックスできてしまう。ノートの使い方は勉強に限らない。ノートを使って遊びましょう。

 

何よりB4サイズのノートなら全国どこのコンビニエンスストアでも手に入る。しかも、150円程度で安い。乱雑に扱っても、「また買えばいいや」と気楽に思える。汚れたら捨てて、新しいのを使えばいい。

だって150円だし。

一冊が1500円のノートではない。1500円あれば10冊も買える安いノートなのだ。もっと気楽に、自由に、乱雑に扱ってもかまわない。

 

使っているのは「キングジム レザフェスノートカバー B5S 黒 1901LFクロ」。

ノートカバーにノートやメモをセットした

でも、これに限らない。ニトリにも安いのがあった。いろいろ使ってみたらいいと思う。

関連記事