肩にかけてもズリ落ちにくい!エツミ「ネオプレーンストラップ35」は伸縮性のある軽くて柔らかい素材

ミラーレス一眼カメラを購入したら、ストラップはだいたいセットで付いていますが、付属のものはちょっと短かったり、デザインが好みのものでなかったりします。近くのJoshin やヨドバシカメラ、ビックカメラなどに行けばいろんなデザインと機能のあるストラップが揃っているので、選んでみました。

長くて、疲れにくいものが欲しい

ポイントは、長さと肩に載せたときの負荷のかかり具合です。わたしはカメラを首にかけて前で持つより、肩にかけて斜めに持つほうが使いやすいので、ストラップを少し長めに調整して使っているのですが、付属品のストラップではちょっと短いようでした。

また、旅行などで長時間肩や首にかけていると、重さが気になってきます、ストラップが堅いと食いこんでくるので、柔らかい素材にしたいな、と感じていました。

エツミ「ネオプレーンストラップ35」

今回購入したのはこちら。エツミの「ネオプレーンストラップ35」です。

ネオプレーンストラップ35公式 サイト

・エツミ-ETSUMI-Photo & Digital Accessorie(商品ページ)

【製品概要】

  • 長さ:64~120cm
  • 幅:35mm
  • ネオプレーン部の厚さ:8mm
  • カラー:ブラック、ネイビー、グリーン、ワインレッド、グレー
  • 価格:参考価格2,205円 → 店頭価格1,000円前後

 

ネオプレーン製の特長

「ネオプレーン」は、スキューバダイビングのウェットスーツなどに利用されている合成ゴムの一種です。デュポン社の開発した「クロロプレンゴム(CR)」のことを指しますが、商品名のほうが広く認知され、こちらの名で呼ばれるのが一般的ですバイク用品ではグローブにも使用されていますね。伸縮し、防水性が高いので、広く使われています。

この素材を使っているので、「ネオプレーンストラップ35」は軽くて弾力性があります。しかも丈夫です。35mmというスリムな幅なので、邪魔になりません。

店員さんが「自分も使っているのでオススメですよ!」と教えてくれました。しかも、1,000円前後。これは安い!

 写真

ということで、購入しました。こちらです。

ネオプレーンストラップ

カメラに付けてみると、たしかに付属ストラップより長めです。

ネオプレーンストラップをカメラに装着したところ

ネオプレーン部の裏側は凹凸のスベリ止加工がされています。

ネオプレーンストラップにスベリ止め加工がしてある

小さいことですが、こういう工夫が助かります。これなら肩にかけても、簡単にはずり落ちないですね。

身長に合わせた長さにすると使いやすい

ストラップを少し長くしただけでも、使いやすさが変わってきました。購入前にヒモやメジャーなどで「自分がどれくらいの長さなら一番合っているか」を確認しておくと、店頭でいろいろ見比べるときの参考になるとおもいます。カメラをどんな用途で、どう使うかがはっきりしている人は、どれを買うのか決めるのも速いでしょうね。

それにしても、ストラップだけで数百円から1万円を超えるものまであるとは、あらためてカメラは奥が深いなぁと感じました。

関連記事