WordPress 初心者が「wpX レンタルサーバー」へ移転するときに参照するマニュアルの補足事項

wpX レンタルサーバー」へ移転してみました。そこで、サーバー移転の初心者である自分がつまずいてしまった点を書いておきます。自分の失敗が、これからサーバー移転を考えている人に役立てば幸いです。

ちなみに以下の内容はレンタルサーバー側の問題ではなく、すべて自分の知識不足が原因です。すでに移転に関する問題は解決しましたので、現在「wpX レンタルサーバー」でこのブログを快適に運営しています。

マニュアルを見る

まず、トップページ左下にある緑色のボタンをクリックするとサーバー移転マニュアルを見ることができます。

wpx公式サイト

手順は以下のとおりです。

wpXへの移転手順

移転元で準備するもの

  1. データベースのバックアップデータ取得
  2. 「.htaccess」ファイルの取得
  3. WordPressインストール先にある[wp-content]フォルダの取得

 

wpX レンタルサーバーで必要な作業

  1. ドメインの追加(※独自ドメインで運用する場合)
  2. WordPress のインストール
  3. 内容の編集
  4. データベースのインポート
  5. 取得した.htaccess の適用
  6. ファイルのアップロード

基本的にはこのマニュアルの通りにやっていけば移転できるのですが、サーバー移転したことのない初心者(=自分)には、いろいろ注意すべきことがありました。

データベースのバックアップデータ取得

ここはphpMyAdmin でDBをエクスポートする作業です。

ファイルサイズが大きいとインポートできない

マニュアルの掲載画像では「圧縮なし」で「ファイルに保存する」となっています。しかし、それだと移転先にインポートできませんでした。

自分の場合はエクスポートしたデータが50MBを超えていたことが原因です。ようするにファイルサイズが大きすぎたわけです。

これは分割したり、zip形式やgzip形式でエクスポートすれば解決します。小さいファイルにするとインポートが完了します。

テーブルのプレフィックスを「wp_」に戻す

また、エクスポートの前にテーブルのプレフィックス(接頭辞)をWordPress 標準の「wp_」に直しておくことにも気付きませんでした。

自分の場合、「Acunetix WP Security」というセキュリティ対策プラグインで別のテーブル名にしていたため、移転先にSQL文をインポートすると不具合が発生して、しばらく悩んでしまいました。

手動でするにはこちらの方法を参考にしてください。

WordPressのプレフィックスを変更する時の手順sand a lot | sand a lot Web & Music Create [札幌]

または、パソコンにエクスポートしたSQL文をテキストエディタ「TeraPad」などで開いて直し、上書きして、インポートする方法もあります。

エックスサーバーからwpXへ!既に運用中のWordPressサイトをドメインごと引っ越しました。WordPress初心者がつまづいたこと3つ | Favorite*Place

「.thaccess」ファイルの取得

「.thaccess」ファイルは、キャッシュ系プラグインを使っていたり、直接書き換えを行ったりしたばあいは要注意です。

FTPソフトに慣れていなければファイルが見つからないかもしれません。たとえばFFFTPなら「.で始まるファイルを表示(D)」を有効にしておかないとファイルが表示されません。

「wp-content」フォルダの取得

FTTTPを起動して移転元サーバーに接続し、そこから「wp-content」フォルダのファイルをダウンロードしようとすると、なぜかうまく行きません。もちろん、他のフォルダやファイルでも同様でした。

「FFFTP Ver 1.98g」が原因

自分の場合「FFFTP Ver 1.98g」が原因でした。以前のバージョンであれば問題ないようです。こちらが解明してくれました。

スレッド 公開討議:エラーの後、ダウンロードが再開しない – FFFTP – SourceForge.JP

FFFTPの「ヘルプ」→「目次」の検索で「メインウィンドウのソケット」と打ち込むと、「特殊機能」が出てくるのでクリック。

メインウィンドウのソケットを再利用

ここで「メインウィンドウのソケットを再利用」のチェックを外してください。

メインウィンドウのソケットを利用・変更

これでダウンロードができるようになります。けっこう時間がかかるかもしれません。

ドメイン・パス変更

あとの注意点はドメイン名が変わるときなど。パスの変更時にも注意です。こちらを参考にしてください。

WordPress→WordPress ドメイン変更を伴うサーバ移行手順 | hijiriworld Web

「hosts」ファイルで動作確認

ネームサーバーを切り替える前に、「hosts」ファイルを書き換えてチェックします。

Windows 7 にデフォルトで入っている「メモ帳」を使いました。マウスの右ボタンでメニューを出し「管理者として実行(A)」をクリック。(直接フォルダを下って「メモ帳」でファイルを開いても上書きできないので、この手順にします。)

「ファイル」→「開く」から C:\Windows\System32\drivers\etc に行きます。

フォルダ

もし「hosts」ファイルが表示されなければ、ウィンドウの右下にある「テキスト文書」を変更して「すべてのファイル」にしてください。そうすれば表示されます。

一番下に「移転先サーバーのIPアドレス␣ドメイン名」と記入して上書きします。これで終了です。

あとはブラウザで「ドメイン名」にアクセスして動作確認をしてください。

初心者が悩むところはだいたい同じ

いろいろ調べてみると、ここにあげた注意点は、はじめてサーバー移転をするときに多くの人がつまずく点のようです。自分は数日間悩んでしまいましたが、これからサーバー移転を考えている人は参考にしてください。

WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX(ダブリューピーエックス)レンタルサーバー

関連記事

eo光ネットのファミリーパックなら「多機能レンタルルーター+総合ウイルス対策ソフト+迷惑メールチェック機能+メールアドレス5つ」が月額477円!

eo光ネットなら「ファミリーパック」がおすすめ ケイ・オプティコムのeo光ネットではいろんなサービスがありますけど、それらをセットにして加入できるプランが用意されています。なかでもありがたいのが「ファミリーパック」で、我が家でも利用していま…

検索エンジンに残ったウェブページのキャッシュを削除する方法

基本的に、検索エンジンにキャッシュされているウェブページの古い情報を消去したいときには「noarchive タグ」を利用します。 たとえばネットショップの商品ページで、商品の種類や値段が頻繁に変わる場合などに使われるそうです。メンバーシップ…

自分のブログの RSS フィードの調べ方

WordPressの場合だと、RSSフィードはすでに用意されているようです。 詳しいことは「WordPress Feeds « WordPress Codex」に書いてあります。全文英語で書かれていますが、真ん中手前にある以下の欄を参考にす…