モバイル端末で使えるアプリ「hpb pad for WordPress」をインストールしてみた

INTERNET Watchの記事で知ったのですが、ジャストシステムがモバイル端末で使えるアプリ「hpb pad for WordPress」を無償公開したようですね。 iPhone版とAndroid版とあるみたいです。

ジャストシステム、iOS/Androidアプリ「hpb pad for WordPress」無償公開 ― INTERNET Watch

ジャストシステム、WordPress 更新用アプリ「hpb pad for WordPress」公開 – インターネットコム

hpb pad for WordPress:場所を選ばずにWordPressの更新ができる無料アプリ|ジャストシステム

インストール

気になったので、さっそくiPhone版をインストールしてみました。

インストール手順はいつものようにApp Storeからです。

hpb pad for WordPressのダウンロード画面

Android版はこちら

ログイン

はじめにログイン画面があらわれます。

hpb pad for WordPressのログイン画面

必要項目を入力してログインしてください。

じつはここで正しく入力してもログインできない人がいます。わたしもその一人でした。

その場合は、一度「外観」からテーマをデフォルトの「Twenty Thirteen」などに戻し、さらにプラグインをすべて停止させてください。そうすると、ログインができます(まだWordPressに詳しくないので理由はわかりません)。

一度ログインできたら、次回からは同じ手続は必要ありません。テーマとプラグインを元に戻しておきましょう。

ちょっとめんどうですね。

さて・・・

hpb pad for WordPressのログイン成功画面

アプリの管理画面

ログインすると、こんな画面がでてきます。薄暗くなった背景に浮かぶ明るい四角の範囲内には、モバイル端末で表示されるサイト画面が表示されます。

hpb pad for WordPressのアプリ管理画面

画面の左上にある「hpb」をタップして、アプリの管理画面に移りましょう。

hpb pad for WordPressの管理画面のメニュー

右側に少し見切れているのが、投稿記事の一覧画面になります。

アプリの管理画面

画面の下から、かんたんに説明していきましょう。

左下の「写真」では「写真を撮る」か、「ライブラリから写真を追加」するかが選べます。

右下の「設定」はこちらです。お好みで設定を変えてください。

hpb pad for WordPressの設定画面

管理画面表示」を押すとPC画面上で見られるダッシュボードにつながります。

サイト表示」はモバイル端末で見るサイト表示画面へ。

統計情報」を利用するには「Jetpack」をインストールしなければなりません。

hpb pad for WordPressのJetpack画面

こちらはAkismetなどで取得したWordPress.comのIDとパスワードでログインできます。ただ、テーマによっては競合してしまうケースがあるので注意が必要です。

このアプリから「統計情報」を見たい場合は、たとえば「管理画面表示」からダッシュボードにあるプラグインを利用する手があります。

やっぱりめんどうですが・・・。

コメント」もアプリで確認できます。

ページ」を使えば新しい固定ページを追加することができます。

まあ、このあたりはそんなに使わないでしょう。むしろ記事の投稿画面が気になりますね。

記事の新規投稿

投稿」のボタンを押してください。画面はこちら。赤字で説明を書いておきました。

hpb pad for WordPressの新規投稿画面

文章を入力してみました。もちろん、そんなに使いやすい画面ではありませんが、こんなものでしょう。

hpb pad for WordPressの文字入力

記事の「設定」画面です。下書きの場合は、「状態」を変更すればOKです。

hpb pad for WordPressの公開設定

記事のプレビュー

hpb pad for WordPressの記事プレビュー画面

写真」の撮影も、ライブラリからの追加もできます。

動画」も挿入可能。

クリップメディアの確認」で添付した動画や画像をチェックできます。

感想

抜群に使いやすいとは言いにくいですが、外でサイトをチェックしたり、下書きを保存するのには便利です。

わたしは出先で書いた記事を保存して、自宅で加筆・修正してから公開する、という手順を踏んでいます。PC上からできるプラグインを使った、詳細なSEO設定はできませんし、TwitterやFacebookとの連携などは、うまくいかない場合もあります。

しかし、あまり多くを求めずに使えば、便利な無料アプリであることはまちがいありません。ジャストシステムが提供しているので、これからのバージョンアップに期待です。

関連記事

PageSpeed Insights で「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングブロック JavaScript / CSS を排除する」と提案されたときの修正方法

Google Developer では無料サービスの1つとして「PageSpeed Insights」という「ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための修正方法を提案してくれるツール」が提供されています。 Pag…

Google Analytics のトラッキングコードをプラグインなしで埋め込んでみました:Google の推奨する PHP の設定方法

いままではかんたんに設置できるプラグイン「Google Analyticator」を使っていたのですが、サイトデザインも一新したことなので、プラグインの数を整理・削減していっています。今回はGoogle が提供しているアクセス解析サービスの…