Jetpack の自動出力する Twitter Cards の OGP タグを変更する方法

Jetpack を導入すれば自動でOGP タグを出力してくれる

Jetpack by WordPress.com」を利用していれば、自動的にOGP タグを出力してくれます。

細かい設定をせずともやってくれるので便利なのですが、何も変更しなければTwitter Cards 用のOGP タグは、

のようになっています。

たとえばこれを、自分のTwitter アカウント「かっぱ(@tk_kappa)」などに変更したい場合は、functions.php にコードを追加しなければなりません。

Twitter Cards 変更方法

方法はJetpack ではなくTwitter Developers で紹介されていました。

CMS 統合ガイド

CMS統合ガイド Twitter Developers

CMS統合ガイド | Twitter Developers(公式サイト)

こちらは元になったスレッド。質問者に対して作者からコメントで方法が説明されています。

WordPress › Support » How to change settings for Twitter Cards?

追加・変更するコード

方法は、functions.php に以下のコードを追加し、多少変更を加えるだけです。

2行目は何もしなければ「@jetpack」になるので、これを任意のTwitter アカウント名に変更。

3行目はツイートにどんなカードを表示させるかについて選びます。「summary」か、画像を大きく見せる「summary_large_image」を設定しているところが多いです。

タグのくわしい説明は「スタートガイド | Twitter Developers」(公式サイト)をご覧ください。

 さいごは検証ツールでチェック

変更が終わったら「Twitter Card Validator」(公式検証ツール)でチェックします。とくに問題がなければ、これで完了です。

 Jetpack によるOGP タグを削除する方法

もし自分でOGP 設定をしていたり、ほかのプラグインでやっているのであれば、タグが重複しないように削除する必要があるでしょう。その場合についてはこちらを参考にしてください。

公式で紹介されているOGP タグの削除・変更についてはこちらが参考になります。

Open Graph — Jetpack for WordPress (英文)

関連記事

「PuSHPress」:インストールして有効化するだけで投稿記事を検索エンジンに素早くインデックスさせるプラグイン

「PuSHPress」はインストールして有効化するだけで、素早くGoogleの検索エンジンにインデックスさせるWordPressプラグインです。新しい記事を投稿したときなどに、こちらから更新情報を通知するので、検索エンジンへの反映が数分から…

WordPress プラグインなしで Facebook の OGP(Open Graph Protocol)設定をしてみた

WordPressプラグインは便利な反面、あれもこれもと入れてしまいがちです。増えればそれだけ、サイトを重くする原因になります。絶対に必要なプラグインを厳選して、あとは自力でなんとかしたい、と考えています。 今回、FacebookのOGPを…

「WP Social Bookmarking Light」:サイト内の投稿記事や固定ページにソーシャルボタンを設置するプラグイン

「WP Social Bookmarking Light」は、サイト内の投稿記事や固定ページに、国内外でよく使われている多くのソーシャルボタンを設置することができるWordPressプラグインです。ソーシャルボタンを設置しておくと、サイト訪…