Google Analytics のトラッキングコードをプラグインなしで埋め込んでみました:Google の推奨する PHP の設定方法

いままではかんたんに設置できるプラグイン「Google Analyticator」を使っていたのですが、サイトデザインも一新したことなので、プラグインの数を整理・削減していっています。今回はGoogle が提供しているアクセス解析サービスのトラッキングコードを、プラグインなしで埋め込むことにしました。

方法はそれほど難しくありません。基本的な手順は、まずGoogle Analytics に登録してIDを取得、次にコードを生成し、そのコードをアクセス解析したい全てのページに埋め込んでいけばいいだけです。

静的なページ、たとえば更新をほとんどしないHTML中心のサイトでしたら、それで埋め込み作業は完了です。

しかし、動的なページ、たとえば日々更新するブログのようにPHPをベースに作っているサイトになると、Google では別の方法を推奨しています。プラグインの場合はこの作業を代わりにやってくれているんですね。

設置方法

設置方法は以下の通り。まず、Google Analytics ページへ行き、ログインします。

Google Analytics公式サイト

次にページ上部にある「アナリティクス設定」をクリック。「プロパティ」でトラッキングコードを埋め込みたい名前を選び、「トラッキング情報」の中にある「トラッキングコード」で、生成されているトラッキングコードを取得します。

アナリティクスコードの設定

さて、そこで少し下を見てみると、小さな文字でこんなことが書かれています。

PHPの設定についての手順

引用します。

PHPの設定 OPTIONAL
上のコードを使用して「analyticstracking.php」という名前の PHP ファイルを作成し、各 PHP テンプレート ページに挿入します。続いて、各テンプレート ページの最初の <body> タグの直後に次の行を追加します。
<?php include_once(“analyticstracking.php”) ?>

動的コンテンツの設定 OPTIONAL
上のコードは各ページに手作業で追加する代わりに、共通のインクルードかテンプレートを使用して貼り付けます。

以前は、「何やこれ?」と無視してプラグインで済ませていたんですが、ようするにGoogle さんが推奨する「PHPで作られたサイトへの設定方法」のことです。トラッキングコード専用のPHPファイルを作成して各ページで読み込ませるようにしろ、ということです。

ちなみに、この方法では<body>の直後に設置することになりますが、この方法を取らず直接トラッキングコードを</head>の直前に置く方がよく紹介されています。こちらでも、問題なく解析はできるようです。

ということで、今回のやり方では、まず「analyticstracking.php」ファイルを作成し、そこに生成されたトラッキングコードをコピー&ペーストして、ファイルを保存。

次に<body>タグの直後にいま作った「analyticstracking.php」ファイルを読み込むようにしました。

注意点としては、index.php とanalyticstracking.php が同じディレクトリ内になければ読み込むことができないことです。こちらのサイトで解決方法が紹介されていました。

Google Analyticsのコードの設置方法が間違っていた??(PHP用) – WEBとかのメモブログ

たぶん、ほとんどのサイトではやらないと思いますが、こういうことも注意点のひとつです。

全ての作業が終わったら、もういちどGoogle Analytics の「アナリティクス設定」→「プロパティ」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」に戻って、データを受信しているか確認します。

ステータス:データを受信しています

と表示されていればOKです。

プラグインを使わないデメリットもあるよ

プラグインの中には、トラッキングコードを埋め込むだけでなく、ダッシュボードでかんたんなアクセス解析結果を見たりできる機能が付いているものもあります。そういう機能が必要であれば、わざわざトラッキングコードを直書きするよりはプラグイン使ったほうが便利で簡単です。

というか、たとえば「Google Analyticator」には埋め込みと解析結果を見る機能があるのに、プラグインをはずして直書きし、別のプラグインを使って解析結果を見るというのは特別な理由でもないかぎり手間が増えているだけです。

当ブログでは、WordPress.comの提供しているプラグイン「Jetpack」を導入したこともあって、「Google Analyticator」の利用を止め、トラッキングコード直書きと「Jetpack」付属の簡易解析を利用することにしました。(「Jetpack」付属のCDNサービス「Photon」を使えば画像表示が軽くなるのでこちらもおすすめです)

サーバーにファイルをアップロードできるソフトが必要

設定作業はこれだけになります。15分もあればできてしまいます。とくに重要なファイル(functions.php など)をいじったりするわけではないので、PHP やWordPress に詳しくない方でもできるはずです。

ただし、今回の方法ではデフォルトで用意されているファイル以外に新たに「analyticstracking.php」というファイルを作るので、そのファイルをレンタルサーバーへアップロードするFTPクライアントソフトが必要になります。

たとえばフリーソフトの「FFFTP」や「FileZilla」でもいいですし、レンタルサーバーで提供されているサービスを利用するのでもいいとおもいます。

それらの使い方は説明しませんが、フリーソフトであれば初心者向けの解説をしているサイトがたくさんあるので「1年以内」などのフィルターをかけて検索を、レンタルサーバーのサービスであれば公開されているマニュアルをご覧になってください。

ということで、今回はプラグインを使わずGoogle アナリティクスのトラッキングコードを埋め込む方法でした。

関連記事

PageSpeed Insights で「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングブロック JavaScript / CSS を排除する」と提案されたときの修正方法

Google Developer では無料サービスの1つとして「PageSpeed Insights」という「ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための修正方法を提案してくれるツール」が提供されています。 Pag…

Twitter Cards をプラグインなしで設定してみました:Twitter カードアナリティクスも使えるようになった!

Twitter Cards とは? 「Twitter Cards」というのは、ふだんのTwitter投稿で表示されるスペースの下の部分に、設定した説明内容を追加するサービスです。たとえばサイト名や紹介文や画像などを入れることができます(リッ…

プラグインなしで WordPress サイトにソーシャルボタンを設置する方法

ソーシャルボタンを作るの備忘録 各種ソーシャルボタンの作成手順をまとめました。いろんなところで解説されている内容とほとんど同じです。自分が忘れないようにするためと、ひとつのページにまとめておくと、あとで修正するときに便利だからメモの代わりに…