「Eye-Fi Mobi」カードならデジタルカメラで撮った写真を自動でタブレットやスマホに Wi-Fi 転送できる

Eye-Fi mobiカード

Eye-Fi(アイファイ)カード – あなたのカメラをワイヤレスに

「Eye-Fi Mobi」は無線LAN内臓のデジタルカメラ用SDHC対応カードです。容量は8GB以外にも他のサイズがあります。細かいことは公式サイトなどで確認していただくのがいちばんですが、簡単に言うと「カメラにカードを挿しっぱなしで写真をスマホやタブレットに自動で転送できる無線LAN機能が付いている」ということです。

設定方法

設定は簡単です。

  1. カードをデジタルカメラに入れる。
  2. ダブレットやスマホに無料アプリをインストールする。
  3. タブレットやスマホのWi-FiをEye-Fiに設定します。

以上です。あとは写真を撮れば、自動的に写真がデジカメからタブレットやスマホに転送されます。

 

カードもふつうのと同じよう挿し込むだけです。

カメラにSDHCカードを挿し込むところ

このカメラはミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN mini E-PM2」です。

無料アプリ(iOS/Android)

アプリも設定は簡単です。まずダウンロードしてインストールします。

Eye-Fi mobi アプリの起動画面

 

次にカードからタブレットやスマホ側に受信できるようにWi-Fi設定をします。

Eye-Fi mobi アプリのWi-Fi設定画面

 

それだけです。アプリを起動するとこのように説明が表示されます。

Eye-Fi mobi アプリのホーム画面

 

思ったより便利な無線LAN機能

写真の移動にいちいちカードの抜き差しをしなくていいし、タブレットやスマホで加工してネット上にアップするのも簡単です。撮った写真を見直すのにもタブレットやスマホの方が見やすいですね。

外で写真を撮るときに威力を発揮します。

関連記事

自転車のブレーキシューを交換してみた

自転車の前輪のブレーキの効きが悪くなってきたので、ブレーキシューを交換しました。 自転車屋さんで修理に出したら1000円前後。自分でやればブレーキシュー(450円)+作業時間5分程度。 ブレーキシューは通販でもホームセンターでも売ってます。…