【写真を比較】ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN mini E-PM2」とiPhone 5 搭載カメラを比べてみた

ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN mini E-PM2」とiPhone 5 のカメラを使い分けて使用しているので、比較写真を撮ってみました。

これはどちらが優れているかを決めるのではなく、写り具合がどんな感じなのかを比べてみただけです。わたしは両方とも持っていて、用途に合わせて使い分けるのがいいと思っています。

e-pm2 camera

カメラの比較

まずは最低限の基本性能をチェックします。

iPhone 5 搭載カメラ

  • 5枚構成レンズ(開放値:f 2.4)
  • 最高IOS感度:3200
  • iSightカメラ(背面):8メガピクセル(800万画素)

ASCII.jp:徹底レビュー! 「iPhone 5」の実力を探る【カメラ編】 (1/7)|すべて見せます! 「iPhone 5」&「iOS 6」総力特集(参考記事)

ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN mini E-PM2」

付属キットレンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6IIR(公式サイトリンク)
付属キットレンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6IIR

  • システム最高峰「OM-D画質
  • 最高ISO感度:25600
  • カメラ部有効画素数 1605万画素(総画素数 約1720万画素)

OLYMPUS PEN mini E-PM2|デジタル一眼カメラ|オリンパスイメージング

写真

以下の写真は、わたし自身がカメラにあまり詳しくないので、素人向けの写真比較だと考えてください。また、スマートフォンなどでも閲覧できるようにファイルを縮小・圧縮しています。iPhone 5 カメラにしてもE-PM2にしても、オリジナル写真の方がキレイなので、その点を割り引いてご覧くださいますよう、お願いします。

はじめにiPhone 5 カメラ、次にE-PM2の順に掲載していきます。

CDケースで比較

まずはCDケースを被写体にします。

【iPhone 5 カメラ】
iPhone5カメラでCDケースを撮影
【E-PM2】
ミラーレス一眼カメラでCDケースを撮影
うーん、そんなに変わらないですね。iPhone 5 カメラの方がややカクつく感じがしていますが、色合いがくっきりと加工されているようで、人によってはこちらの方がいいと思うかもしれません。

CDケースを拡大して検証

では少し拡大してみましょう。

【iPhone 5 カメラ】
iPhone5でCDケースを撮影して拡大画像
【E-PM2】
ミラーレス一眼カメラでCDケースを撮影して拡大画像
こうすると一目瞭然です。iPhone 5 カメラでは細部がぼやけていることがよくわかります。

CDケースを斜めからマクロ撮影

次は斜め横からの撮影。

【iPhone 5 カメラ】
IiPhone5でCDケースをマクロ撮影
【E-PM2】
ミラーレス一眼カメラでCDケースをマクロ撮影
こちらもわかりやすい。E-PM2には「ぼかし」が効果的にかかっていて、後ろにあるものにピントが合っていません。iPhone 5 カメラは均一にキレイに写されているのがよくわかります。一部分だけにフォーカスしたいときは、やはりミラーレス一眼カメラの特性が活きてきます。

モデルを正面から撮影

次はモデルさんを被写体にしましょう。電子の歌姫です。

【iPhone 5 カメラ】
iPhone5で初音ミクを正面から撮影してみた
【E-PM2】
ミラーレス一眼カメラで初音ミクを正面から撮影してみた
こちらもiPhone 5 カメラは全体を均一に写します。被写体も背景の壁も机もくっきりとしています。ちょっと全体の色が薄くなっていますね。E-PM2の方は顔にフォーカスしているので、それ以外はぼんやりとした印象にして、中心のモデルを引き立たせています。

モデルを横から撮影

少し横から撮影します。

【iPhone 5 カメラ】
iPhone5で初音ミクを斜め上から撮影してみた
【E-PM2】
ミラーレス一眼カメラで初音ミクを斜め上から撮影してみた
今度はiPhone 5 カメラが自動で色みを加えています。また、E-PM2と比べて少し被写体が横に広がっているようにも見えます。やはり細部の鮮明さを重視するならミラーレス一眼カメラを使うべきでしょうか。しかし、ブログやSNSでみんなと共有するにはiPhone 5 カメラで十分ともいえます。

接写距離に関していうなら、iPhone 5 カメラはかなり近づいても撮影できますが、E-PM2は近すぎるとできません。上下の写真を比べると、E-PM2の方が少しだけ遠くから撮影していることがわかるでしょう。

モデルを斜め上から撮影

次は正面斜め上から。

【iPhone 5 カメラ】
初音ミクを正面斜め上から撮影してみた
【E-PM2】
初音ミクを正面斜め上から撮影してみた
こちらも同じような感じですね。iPhone 5 カメラは自動的に色合いを加工して、全体を均一にキレイにしています。やや被写体が広がって見えるかもしれません。写真にこだわりがなければ、これで十分ですね。

E-PM2はレンズ無しで直接見た被写体に近い写真が撮れています。腕の付け根や首のあたりなど、細部はこちらがハッキリとしているのがわかるでしょう。背景は遠近の差で「ぼかし」が入り、 外部からの光もよくわかるはず。ただ、キレイに写りすぎる分だけ、机の安っぽさまで写してしまうので、被写体以外の背景にまでいいものを使わないといけませんね(まあ、これはカメラの性能とは関係ない話ですが…)。

感想

iPhone 5 カメラは気軽に使えて、どこでも、どんな時でもサッと撮影するのに向いています。ブログやSNSで使うにもこれで十分でしょう。多くのブロガーさんもそうされているようです。安いデジカメを買うくらいなら、これでだいたい間に合うのではないでしょうか。

ミラーレス一眼カメラは、やはり「もうすこし本格的な写真を撮りたい!」という人が選ぶべきものです。今回はオート設定で何も調整せずに撮影しましたが、ただきれいな写真が撮れるというだけでなく、いろんな機能が付いています。多彩なアートフィルター、光の加減や「ぼかし」の具合など、iPhone 搭載カメラやコンパクトデジタルカメラより、もっと微妙な調整ができます。レンズ交換ができるのも大きいですね。趣味として楽しみたい方も、ミラーレス一眼カメラがおすすめです。

どちらも、それぞれメリットとデメリットがあるので、予算と用途に合わせてに使用するのが楽しいですね。

関連記事

死亡フラグが立ちまくっている「あの猫」の姿:「ここは俺がくいとめた…お前は幸せになるニャ…吸盤付きスタンド」を手に入れました

ツイッターで見かけていらい、ずっと気になっていたんですよね。やっと手に入れました。「ここは俺がくいとめた・・・お前は幸せになるニャ・・・吸盤付きスタンド」(200円)です。これはカプセルトイ、いわゆる「ガチャガチャ」「ガチャポン」ですね。 …

HAKUBA「カメラグリップ LH(KGP-02)」で手ブレを軽減!カメラが右手にピッタリと固定される

カメラのストラップで肩に掛けるタイプではなく、手にしっかりと一体化するタイプを買ってみました。カメラを入れるショルダーバッグが肩から下げる小さめの物なので、「こういうカメラグリップもアリかな・・・?」と試しに使うことにしてみました。 ヨドバ…