「Check Copy Contents(CCC)」:誰かがウェブページの記事をコピーしたら通知してくれるプラグイン

着ぐるみ追い剥ぎペンギン 様々な話題を手描きのイラスト付きで紹介ブログ

「Check Copy Contents(CCC)」は誰かがウェブページの記事のどこかをコピーしたときにメールで通知してくれるプラグインです。作者は日本人の方で、ブログ「着ぐるみ追い剥ぎペンギン」の管理人ナカシマ(@kanakogi)さんです。

作った経緯やWordPressの公式サイトで配布されるまでのことも書いていて、その記事を読むだけでもおもしろいです。

インストール

「プラグイン」の新規追加から「Check Copy Contents」と検索すればすぐに表示されます。

Cehck Copy Contentsプラグインサイト

あとはインストールして、有効化しましょう。

設定

管理画面の設定に「CCC設定」が表示されます。そこで設定します。

Check Copy Contents 初期設定画面

説明なしでもわかる簡単設計ですね。これだけです。

実験してみた

さっそくやってみました。自分のサイトのウェブページをコピーしてみます。

すると・・・来た! はやっ!!

CCCのメールでの通知

ほとんどコピーした直後、数秒以内にメールが届きました。

コピーした箇所がピンポイントでわかります。また、コピーされた日時やウェブページのURLL、IPアドレス、ブラウザ、コピー先のURLまでわかります。

すごい!

すぐれたツール

シンプルだけどおもしろいプラグインですね。しかも、多くの人が「こんなのあったらいいなー」と感じていたツールが、こんなにかんたんな設定でできるのもうれしいところです。

ブログでも書かれていますが、ウェブページを閲覧した人がコピペするのは、その記事が有用だと判断されたからです。コピーされた箇所を知ることで、自分の記事のどの部分が他人に評価されたのかをピンポイントで知ることができます。

これはいいプラグインですね。

関連記事

「PuSHPress」:インストールして有効化するだけで投稿記事を検索エンジンに素早くインデックスさせるプラグイン

「PuSHPress」はインストールして有効化するだけで、素早くGoogleの検索エンジンにインデックスさせるWordPressプラグインです。新しい記事を投稿したときなどに、こちらから更新情報を通知するので、検索エンジンへの反映が数分から…

「Autoptimize」:HTML・JavaScript・CSS の複数ファイルを連結・圧縮して最適化してくれるプラグイン

「Autoptimize」は簡単に複数のファイルをまとめて圧縮してくれるプラグインです。キャッシュ機能もついています。似たような機能を持つプラグインもありますが、それらでデザインが崩れたり、JavaScript がうまく働かないようでしたら、このプラグインを利用するとよいでしょう。