Kenko「ストラップ付レンズキャップ 37mm KLC-37」:これなら外でもキャップを失くす心配はなし!

ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN mini E-PM2」を使っていて心配なのは「レンズキャップを失くしてしまわないか」ということです。

コンパクトデジタルカメラだったら何も心配はいりません。電源をONにしたら内部からレンズが出てきて、電源をOFFにしたら中に入ってくれるだけです。

しかし、ミラーレス一眼カメラは、自分でキャップを外したり着けたりをしなくてはいけません。外してポケットに入れたつもりが、落としてしまっていたり、つかみそこねて道に転がってしまうかもしれません。

ということで、ストラップ付きのレンズキャップを購入しました。

Kenko「ストラップ付レンズキャップ 37mm KLC-37」(写真)

ただキャップにストラップがついただけの単純な製品ですが、おすすめです。

ストラップ付レンズキャップ 37mm KLC-37

こんなケースに入ってます。ひとつ400円以下。サイズもいろいろで、こちらは37mm。

レンズキャップを開封したところ

ケースから出したところ。ストラップの長さは30㎝です。

レンズキャップをカメラに装着したところ

セットするとこうなります。

おすすめポイント

こんな点が特長ですね。

  • 大きさ37×9mm の重量4.9g なので軽くて小さい
  • 紐が長すぎず、短すぎない30cm
  • キャップにすこし厚みがあり、つかみやすい
  • ストラップが中央にきているので表裏が判別しやすい
  • 300円以下で売っているので、安い!

デメリットはストラップをカメラ本体に付けると、レンズを交換するときに付け替えるか、別のサイズを複数付けておかないとダメなところでしょうか。

ストラップがあると失くす心配がなくて安心

外で撮影するときにキャップをどこに置いておくかは、地味に気になるものです。こういうストラップで本体につないでおけば、「失くしたらどうしよう!」と心配しなくなります。

これはいいですね。

関連記事