「AmazonJS」:Amazon アソシエイトの商品リンクを管理画面から簡単に設置できるプラグイン

amazonjsプラグインサイト

「AmazonJS」はAmazonアソシエイトの商品リンクを管理画面からカンタンに設置できるWordPressプラグインです。初期設定がすこし難しいですが、一度導入してしまえばあとはカンタンです。

記事作成画面でAmazonの商品リンクを作成し、生成したコードを挿入できるので、おすすめ商品などを紹介しているブログやサイトには便利でしょう。「わかったブログ」のヨメレバ・ポチレバと併用することをおすすめします。

インストール

「プラグイン」の新規追加から「AmazonJS」と検索すればすぐに表示されます。

amazonjs インストール画面

あとはインストールして、有効化しましょう。

amazonjs 初期管理画面

はじめはこんな画面です。

上に警告が出ているので、まずは「キャッシュディレクトリの書き込み権限の設定」から対応します。次にAmazon Product Advertising API の設定」、「アソシエイトタグの設定」へと進みます。

初期設定の手順は作者のページに

インストール後の手順はプラグインの作者が詳しく解説しています。

作者の公式サイト

AmazonJS (WordPress Plugin) | kwLog

WordPress に慣れている人はこちらの手順通りにやっていけば、特に問題なく導入できるでしょう。すべての手順が解説されています。

キャッシュディレクトリの設定

以下、あまり詳しくない人向けに書いていきます。

「FFFTP」ダウンロード

キャッシュディレクトリを設定するには、サーバーのフォルダに直接アクセスして変更しなければなりません。そのため、まずFTPソフトをインストールする必要があります。いくつかありますが、ここでは「FFFTP」で説明します(ダウンロードページ「FFFTP (エフエフエフティーピー) プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP」)。

なお、各種FTPソフトの解説はWordPress入門書やWebページに豊富に載っていますので、詳しいことを使い方はそちらを調べてみてください。

FTPソフトでサーバーに接続

はじめにFFFTPでWordPressをインストールしたレンタルサーバーに接続します。そのあと自分で設定したドメイン名の下にある「wp-content」フォルダに行ってください。

「/wp-content/cache/amazonjs」フォルダ作成

つぎに新規フォルダを作成します。マウスで右クリックをして「フォルダ作成(K)」を選んでください。「cache」という名前にして作成し、さらにその下に「amazonjs」という名前のフォルダを作ります。

最終的に「/独自ドメイン名/wp-content/cache/amazonjs」のようになれば完了です。

権限を「777」に変更

いま作った「amazonjs」フォルダに書き込み権限を与えます。フォルダ名「amazonjs」を右クリックをして「属性変更(A)」を選んでください。

フォルダの属性変更画面

このようなウィンドウが現れたら、すべてにチェックマークを入れていきます。すると「755」→「777」に変更されます。これで終了です。

お疲れさまでした。

管理画面での設定

米国Amazon.comの「Product Advertising API」でアクセスキーを取得します。英語の画面も出てきますが、そんなに難しくはありません。また日本のAmazonアソシエイト「Product Advertising API アカウント作成 ヘルプ」でも「大まかな流れ」が解説されています。

Amazon Product Advertising API の設定

Amazon Product Advertising APIを取得するためのページ

Product Advertising API」へ行き、画面右の「アカウント作成」をクリックしてください。

Amazon Product Advertising APIを取得するためのページでアカウント作成

Eメールアドレスを入力して「I am a new user.」(新規登録)へ。2回目以降、アカウントを持っている方は下にパスワードを入力してサインインします。

Amazon Product Advertising APIを取得するためのページで必要事項の入力

「registration」(登録)です。必要事項を記入して「Create account」をクリック。どんどん進んでいきましょう。

Amazon Product Advertising APIを取得するためのページで完了後の表示

完了したら、この画面が出ます。「Manage Your Account」をクリックすればサインイン画面に戻りますので、今度はパスワードを入力してサインインします。

Amazon Product Advertising APIを取得するためのページのあとサインインする

上が「アクセス識別子」、下が「アカウント情報」です。上の「Click here」をえらんでください。

Amazon Product Advertising APIを取得するためのページにサインイン

この画面は日本語表記なのでわかりやすいですね。いくつか気にったところを読んでおくことをおすすめします。

必要なのは「アクセス証明書」の欄です。ここに「アクセスキーID」と「シークレットアクセスキー」が表示されています。

Amazon Product Advertising APIを取得するためのページでアクセスキーを確認する

「アクセスキーID」はそのまま表示されていますが、「シークレットアクセスキー」は「表示」ボタンを押さないと出てきません。

あとはこの2つを管理画面で入力するだけです。

アソシエイトタグの設定

今度は日本のAmazon.co.jpで「アソシエイトタグ」を取得します。

Amazon.co.jpでアソシエイトタグを取得する

まずは「Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!」へ行きましょう。右にある青いボタン「無料アカウント作成」をクリックします。

Amazon.co.jpにサインイン

Amazon.co.jp へサインインします。

アカウント情報を入力

ここで「アカウント情報」を入力。紹介料の受取人情報になりますので正確に。

Webサイト情報を登録

次に「Webサイト情報」を入力します。こちらでは自分が運営するサイトやブログの情報を入力してください。

さいごに「完了」を押すと、「あなたのアソシエイトID 」が表示されます。日本の場合は「associatetag-22」という表記になっているはずです。

管理画面に戻って取得したアソシエイトIDを入力すれば完了です。

なお、以降の「支払い方法の設定」や「クイックツアー」については、Amazonのヘルプなどを参照してください。

設定はこれで全て終わりました。長かったですね。お疲れさまです。

使い方

新規投稿や固定ページの管理画面で使用します。

投稿画面でボタンが追加

投稿画面にボタンが追加されている

AmazonJSボタンが追加されているので、クリックしてください。

商品の検索画面

このようにキーワード検索などでカンタンに商品をえらぶことができます。

プレビュー表示画面

「選択」をクリックするとプレビュー画面に行きます。下に挿入されるコードが表示されています。

Amazonリンク作成もプレビュー画面を見ながら調整できるので、うれしいですね。上の画像はデフォルトの表示です。

決まったら「挿入」をクリック。以下のように、表示されます。

商品が表示された画面

CSSなどで調整可能

ちなみに当ブログでは、ヨメレバ・ポチレバと同じような枠なし表示にしたいので「Stinger3」作者のカスタマイズ例を利用しています。このコードを修正して自分好みにすることもできるので、おすすめです。

僕のWordPressブログで効果を出している+αなカスタマイズ

また、こちらは詳しい知識が要りますが、作者サイトで紹介されている「高度な使い方」の方法で、細かなカスタマイズをしてもいいとおもいます。

AmazonJS (WordPress Plugin) | kwLog

ヨメレバ・カエレバで表示されなければ「AmazonJS」を使おう

ふだん商品リンクに使っているのは「わかったブログ」のヨメレバ・カエレバですが、たまにリンクとして表示されない商品もあります。そういうときにはこちらの「AmazonJS」が役に立ちます。とくに洋書はこちらでないとうまくリンクを作れません。

また、Amazonアソシエイトだけでやっていくサイトであれば、「AmazonJS」の便利さは格別でしょう。クリックしていくだけでコードも挿入してくれるので、コピペする手間がありません。情報更新もカンタンですね。

追記:

2014年4月から新しいサイトデザインにして、このプラグインを利用しないことにしました。

とはいえ、とくに「AmazonJS」に問題があるということはなく、サイトデザイン上の理由からなので、このすぐれたプラグインの利用を考えておられる方には、いままで通りおすすめです。

関連記事

「PuSHPress」:インストールして有効化するだけで投稿記事を検索エンジンに素早くインデックスさせるプラグイン

「PuSHPress」はインストールして有効化するだけで、素早くGoogleの検索エンジンにインデックスさせるWordPressプラグインです。新しい記事を投稿したときなどに、こちらから更新情報を通知するので、検索エンジンへの反映が数分から…

「WP Social Bookmarking Light」:サイト内の投稿記事や固定ページにソーシャルボタンを設置するプラグイン

「WP Social Bookmarking Light」は、サイト内の投稿記事や固定ページに、国内外でよく使われている多くのソーシャルボタンを設置することができるWordPressプラグインです。ソーシャルボタンを設置しておくと、サイト訪…