「All in One SEO Pack」:SEO(検索エンジン最適化)を詳細に設定できる人気のプラグイン

All in One SEO Packプラグインサイト

「All in One SEO Pack」はSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)を詳細に設定できる人気のプラグインです。機能はとても充実していて、これ1つでサイト全体やウェブページに対する個別の施策もできるので便利です。

ただし、設定画面は日本語と英語の表記が混じっていて、ヘルプもわかりやすい説明とはいえません。WordPress初心者にとっては使いやすいプラグインとはいえないでしょう。「SEO」の名前を知っていても、その効果的な方法や知識を知らなければ、このプラグインを十全に使いこなすことは困難です。検索エンジンの仕様変更やアップデートなどに注目しながら設定を微調整していくことも必要です。

また、当然ですが、このプラグインだけでSEOの全てを行えるわけではありません。他の施策については別途行う必要があります。

まずはデフォルトの設定で利用をはじめて、SEOに関する書籍などを読んで学んでから、細かな設定を試していけばいいとおもいます。

インストール

プラグインの新規追加で「All in One SEO Pack」と検索すればすぐに表示されます。

All in One SEO Pack インストール画面

あとはインストールして、有効化しましょう。

総合的な設定

細かい設定をできる機能がありますが、はじめのうちは基本的な設定をしておけば十分です。わからなければデフォルトのままでもかまいません。

メーリングリストと広告

メーリングリストの登録

広告

メーリングリストや広告です。プロバージョンもあります。

General Settings

SEO General Settings

 

募金は任意でどうぞ。

2番目の「Canonical URLs」には必ずチェックを入れておきます。これで<head>~</head>内に<link rel=”canonical”>(URL正規化タグ)が挿入されます。重複したコンテンツを防ぎ、正規URLを指定できます。

オリジナルのタイトルを設定しなければ「Use Original Title」は「利用停止」でいいでしょう。もしテーマやプラグインによって競合するようでしたら使用します。

「ログの重要なイベント」をチェックすると、プラグインによる不具合発生などの記録を「all_in_one_seo_pack.log」に残します。

Home Page Settings

SEO Home page Settings検索エンジンの結果で表示させる内容を設定します。これらは検索エンジン用ではなく、検索結果を見る人間用に書いていきます。

  • 「ホームタイトル」:検索結果で表示させるサイト名
  • 「ホーム詳細」:サイトの簡単な説明文(簡潔明瞭な説明がなければ空欄でも可)
  • 「ホームキーワード」:多くても3~5つが適当(「,」で区切る) 

Keyword Settings

SEO Keyword Settings

こちらを利用すると単一記事や個別ページ設定したカテゴリーやタグがキーワードとして自動的に設定されます。ページごとに手動で設定する場合は、「利用停止」にしておきます。

ただしメタキーワードは検索結果に影響を与えないという話もあります(後述)。

Title Settings

SEO Title Settings

こちらは基本的にそのままでもかまいません。「各ページのタイトル | サイト名」という表示になっています。「404エラー」を日本語表記に変えてもいいかもしれません。

Custom Type Settings

SEO Custom Type Settings

「カスタム投稿」でもデフォルトのままでいいでしょう。WordPress 3.0 から導入された「カスタム投稿」を利用していなければ、何も設定する必要はありません。

Display Settings

SEO Display Settings

各ページごとに手動で設定する場合には、1番目の「投稿」「固定ページ」「メディア」にチェックを入れて、設定画面(後述)を表示させるようにします。

2番目で管理画面上部のリンク表示の有無を、3番目で管理画面左に表示されるリンクを上部に変えるかどうかを決めます。

Webmaster Verification

SEO Webmaster Verification

ここは各ウェブマスターツールへの認証コードを入力する欄です。当ブログでは他の方法で認証しているので利用していません。

Google Settings

SEO Google Settings

こちらはGoogle+ とGoogleアナリティクスの設定欄です。こちらも利用していません。当ブログではプラグイン「Google Analytictator」を導入しています。

Noindex Settings

SEO Noindex Settings

こちらにチェックを入れて検索結果にインデックスさせなくすることが可能です。これらはサイトによって違ってくるはずです。

  • カテゴリー
  • アーカイブ(年月別)
  • 作成者
  • タグ
  • サイト内検索ページ 

カテゴリーページはSEO的に重要という話はよく聞きますので、検索エンジンにインデックスさせることをおすすめします。チェックは外しておきましょう。

当ブログはタグが多くなりやすく、よく追加や削除もしているので、タグはnoindexにしています。アーカイブ、作成者もサイトの目的に合わせて変更してください。

最後の項目は新しく加わったものです。こちらは以下の理由からインデックスさせない方がいいとおもいます。ヘルプの英文を翻訳します。

検索エンジンにサーチ・ページをインデックスさせないよう依頼するため、これをチェックしてください。重複する内容を避けることに役立ちます。

「noindex タグ」の詳しい解説については、こちらの記事が参考になります。

Advanced Settings

SEO Advanced Settings

こちらはSEOに詳しい人でなければデフォルトのままでいいでしょう。当ブログでも設定していません。

以上の設定が終わったら「設定を更新」ボタンをクリックして完了です。

個別記事などの設定

新規投稿画面を見てみると下の方に「All in One SEO Pack」欄ができています。こちらで個々のページを設定します。

プレビューを見ながら記事タイトルと説明文を書ける

SEO 記事投稿画面

①「Title」と②「Description」を記述していくと、その内容がプレビューに反映されていきます。各欄の下には文字数が表示されるので、参考にしながら調整していくとよいでしょう。

記事タイトルは30文字前後、説明文は120文字前後がいいようです。それ以上にすると、後ろのほうが検索結果に表示されず、省略されてしまいます。検索結果を見る人にとって、読みやすくわかりやすい内容にしておくといいでしょう。重要なキーワードを前の方に置いて、興味を持ってもらえそうなタイトルにします。

検索結果の上位を狙って「釣り」タイトルやキーワードの過剰な羅列による説明文にすると、逆に検索エンジンが順位を下げることもあるそうです。記事内容を正確に反映する内容にしておくことをおすすめします。

もしプレビューがうまく表示されないときは、一度「下書き保存」をしてみてください。そうすると正しく表示されるはずです。

メタキーワードは検索結果に影響を与えない!?

Google の公式ブログによると、メタキーワードはをランキングに影響を与えないそうです。

もしかすると今後の仕様変更で変わるかもしれませんが、そんなに気にする必要はないとおもいます。当ブログでは何もしていません。これについては素人なので、わたしにはわかりかねます。詳しい内容はプロの解説をしているサイトを調べてください。

その他のメタタグも個別に設定できる

「noindex タグ」を記事の内容に合わせて挿入することも可能です。

たとえば、ほとんど内容のない挨拶だけの記事だったり、フォローしてくれている人だけに知らせればいい記事の場合には、「Robots Meta  NOINDEX」にチェックを入れて検索エンジンにインデックスさせないようにすることができます。

低品質なページが検索エンジンにインデックスされすぎると、サイト全体の評価が下がるので、記事の内容によっては使ってもいいかもしれません。ただし、基本的にインデックスされないようにするのは「最後の手段」と考えておくべきです。記事内容を修正したり、オリジナル要素を追加するなど、できるだけインデックスさせてもいい良質な記事にするのが無難です。

その他のメタタグについても、記事の内容に合わせて設定してください。メタタグについては、こちらの記事が参考になります。

SEO(検索エンジン最適化)をする目的

わたしは素人なのでくわしい説明はできませんが、大ざっぱに言うと「特定の検索エンジンに対して、サイト全体やウェブページを検索結果の上位に表示させ、ターゲットとなる人や会社に訪問してもらい、目的とする成果を導くためのさまざまな技術や知識」でしょうか。

基本的には検索結果の上位に来るような施策を意味するようですが、個々のサイトにとって重要なのは「検索結果が上位に来てPV数が上がったことでどれだけの成果が出たのか?」ということでしょう。

ということは、「ただPV数を上げたい」「検索上位に表示したい」というだけではSEOを考える必要は少ないということです。注目を浴びるだけならネガティブなことをすればいいからです。たとえばツイッターで公序良俗に反するつぶやきをすれば、瞬く間にリプとRTが増えていくでしょう。

しかし、健全なサイト運営をしている管理者にとっては、PV数が上昇し、検索結果の上位に表示されたからとしても、それが良い評価でなくては意味がありません。SEOをする目的はサイトやページの評価を上げ、目的とする成果(契約・利益・評価)を出すことにあります。

たとえば「こんな悩みのある人にこの商品ページを見せたい!」という会社とか、「この知識を必要としている人だけには是非ともこの記事を読んでもらいたい!」というサイトの管理人にこそ、SEOは重要になってきます。

会社や大手サイトではなく、小さなブログでSEOをする場合には、目的と成果に労力が見合っているかを考えながら、やっていくべきでしょうね。当ブログでは「ほどほど」にしかしておりません。

なお、Google のSEOについて書いているページ「検索エンジン最適化(SEO) – ウェブマスター ツール ヘルプ」とそこでダウンロードできる「検索エンジン最適化スターターガイド」(PDF)は必読です。

関連記事

「WP Social Bookmarking Light」:サイト内の投稿記事や固定ページにソーシャルボタンを設置するプラグイン

「WP Social Bookmarking Light」は、サイト内の投稿記事や固定ページに、国内外でよく使われている多くのソーシャルボタンを設置することができるWordPressプラグインです。ソーシャルボタンを設置しておくと、サイト訪…